北海道(No.17)

そして、札幌に向けて道東自動車道を東に向かう。
この高速道路は、「〇男道路」とも呼ばれているらしい。
〇男とは、以前、物議をかもした北海道選出の国会議員だから分かると思う。
世間では、色々と取りざたされたが、地元では依然として支持者が多いようだ。

それはともかく、道東自動車道から下りて、国道274号を西方に向かう。
国道に入ると道路は片側通行の所があり、一部大きくえぐられたところもある。
これは、昨年8月に史上初めて台風が北海道に上陸。
しかも、1週間に3個もの台風が上陸した。
その時の爪痕が、このように今でも残っていた。

日勝峠への道路は、通行止めとなっており、途中のドライブインで昼食を摂る。

        IMG_7233.jpg

        IMG_7236.jpg

        IMG_7234.jpg

        IMG_7235.jpg

この時は天候も悪く、十勝平野の眺望もあまり芳しくなかった。

日勝峠(にっしょうとうげ)は、北海道沙流郡日高町と上川郡清水町の境界にある峠。
峠の東側は十勝川水系、西側は沙流川水系である。
日高山脈の分水界であるが、両水系とも太平洋に注いでいる。

道央と道東を結ぶ交通の要衝である。
標高は1,022mであるが植生環境から見れば本州の標高3,000m級に匹敵する環境となっており、走行条件の厳しい峠となっている。
日高町大颱橋から清水町石山までの区間(33.3km)は、特殊通行規制区間になっている。
1年中霧の影響を受けやすく、特に夏期は清水町側を中心に著しい濃霧による視程障害が発生し、冬期は吹雪による視程障害が発生する。
このような悪条件などにより交通事故が多発する峠であり、視線誘導施設の設置や防雪・路面凍結対策などを施してきた。
登坂車線やブレーキ故障車に備えた待避所(緊急待避所)も設置されている。

2011年(平成23年)に道東自動車道が道央圏までつながり、峠越えの負担軽減が図られた。

2016年8月30日、平成28年台風第10号により被災、土砂流入、路面崩壊、落橋などが発生し、同日11時15分から日高町千栄〜清水町清水(延長43.8km)が通行止めとなった。
7号目付近、8号目付近、三国の沢覆道など複数箇所で大規模な崩落が発生、日高町内では千呂露橋、岩瀬橋、ニセクシュマナイ橋が落橋するなど壊滅的な被害を受けており、職員が徒歩や自転車で調査して66か所の被害個所を確認。
2017年秋ごろを目途に復旧工事が進められている。
国道38号狩勝峠も同様に被災して通行止めとなったため、道東自動車道占冠IC - 音更帯広IC間で通行料金の無料措置が実施されている。
          By ウィキペディア      


そして、たぬきたちは昼食の後、再び道東自動車道にもどり、一路、札幌に向かった。



北海道(No.16)

隠岐の話は、前回で終了。
北海道の続きを紹介して行こうと思う。

たぬきは、来週からインドへ行き、お釈迦さんの仏跡を訪ねて来ることにしている。
出来れば、それまでに北海道の旅のブログを終わらせたい。
そう思いながら今夜、ブログを書いている。

阿寒湖のマリモを見学してから、再び観光船に乗り「幸運の森桟橋」へ。
そこで下船し、「雄阿寒オンネトー」へ行く。
オンネトーとは、アイヌの言葉で「年老いた沼、あるいは大きな沼」というらしい。
火山活動によってできた湖だ。

この日は、天気が悪く、本来なら綺麗な湖水が見られただろうが、残念ながら雄阿寒岳もガスの中だった。

        IMG_7195.jpg

        IMG_7196.jpg

しかし、オンネトーからの帰り道では、ミズバショウの群生しているところもあり、北海道の自然に触れることができた。

        IMG_7214.jpg

        IMG_7216.jpg

北海道の広大な大地にある自然は、日本の大きな財産だと感じた、たぬきじゃった。





隠岐へ(2017.07)~その6

翌日は、朝食の後、ホテルのクルーザーで「国賀めぐり」

        IMG_7879.jpg

        IMG_7882.jpg

        IMG_7881.jpg

ホテルの船着場から美田湾を北に進み、船引き運河を通って日本海に出る。

        IMG_7885.jpg

この日は、波があり「明暗(あけくれ)の岩屋」に入ることは出来なかった。

        IMG_7897.jpg

上の写真は、海側から見た通天橋。

天気は別として、隠岐を楽しんだたぬきじゃった。





隠岐へ(2017.07)~その5

途中、由良姫神社やイカ寄せの浜に立ち寄り、ホテルへ。
ホテルでは、いつものように歓待していただき、夕食はこんなにも盛大に・・・

        IMG_7831.jpg

        IMG_7846.jpg

        IMG_7847.jpg

        IMG_7848.jpg

そして、夕食の後には、浦郷湾のナイトクルージング。

        IMG_7856.jpg

        IMG_7854.jpg

夜光虫は少なかったが、爽やかな海風を感じながらのクルージングだった。

クルージングから帰って、ホテルの社長のもてなしを受け、深夜まで思い出などを語った、たぬきたちだった。




隠岐へ(2017.07)~その4

知夫からは、内航船で西ノ島の別府港へ。
この日宿泊する「隠岐シーサイドホテル鶴丸」へ行き、取り敢えず荷物を預ける。
そして、同行してくれたカミさん他を摩天崖まで車で送る。
彼らは、摩天崖から国賀海岸まで歩いていくということで、たぬきは以前お世話になった方のところへ行く。
40分ばかりお話をして、国賀海岸まで迎えに行く。

        IMG_7806.jpg

        IMG_7809.jpg

通天橋や観音岩を見ながら時間つぶしをしていると、やっとカミさんたちが下山してきた。

合流してから赤尾展望台へ。
途中、ロケーションのいい場所へ。
摩天崖や国賀海岸が一望できるところなのだが、この日はガスがかかっており眺望は今一。

        IMG_7815.jpg

        IMG_7821.jpg

まあ、それでも撮影できたから良しとしないといけないだろう。
次に、鬼舞展望台へ。
ところが、ここはすっかりガスの中で、写真撮影もできなかった。
まあ、こんなこともあるものだと、この日の写真は諦めた、たぬきじゃった。

隠岐の記事は、これまで何回も掲載しているので、天気の良い隠岐の写真が見たい人は、ブログ内検索をしていただければ、素晴らしい隠岐の景色を見てもらうことができるだろう。



人のこころとは・・・

先月、たぬきは隠岐へ行っていた。
隠岐は、美しい自然と人情の島。
たぬきは、この島々で生活をし、多くの人にお世話になった。
島後に赴任した時には、家族ともども2年間生活をした。
その後、島前に赴任した時には、2年間の単身赴任だった。
今、当時のことを思い浮かべても、楽しい思い出が蘇る。

まさに、隠岐の人々の人情と素晴らしい自然の景観に心を洗われたものだ。
そんな訳で、ここ数年は毎年のように隠岐を訪れる。

先日、隠岐に行った時にも当時お世話になった人たちに会った。
懐かしい思いに、つい昔話をして長居をしてしまいそうだ。
しかし、限られた時間、そんなにゆっくりとはできず、後ろ髪を引かれる思いで失礼する。

隠岐は、魚介類が豊富で新鮮だ。
その味は、本土にいても忘れられない。
そう思って、本土の友人等に送ることにした。

先日も福岡県のお寺の坊守さんから礼状が届き、福岡の名産品まで送っていただいた。
今日の夕方お礼の電話をし、しばらくお話をした。
今回の台風5号の影響は、福岡県もなかったようだ。
喜ばしい限りだ。

しかし、被害に遭った方も多くある。
ただ、喜んでばかりはいられない。
人の痛みが少しでも分かるたぬきでありたいものだ。
そんなことを思った、今日だった。

        IMG_7812.jpg

        IMG_7814.jpg




隠岐へ(2017.07)~その3

海士町では、マリンポートホテル海士で宿泊。

        IMG_7680.jpg

部屋からの眺望も素晴らしい。

        IMG_7735.jpg

        IMG_7737.jpg

対岸に西ノ島。
早朝の窓外を見ながら、この日の予定を確認する。

今日も天気がよさそうと、早朝の浜辺に出て散策する。

        IMG_7739.jpg

        IMG_7740.jpg

隠岐の海は、いつ来ても綺麗で感激する。
波止場から除いてみても、透明度は最高だ。

そして、朝食の後、知夫里島に向かう。
島前3島を結ぶ内航船「いそかぜ」に乗る。

        IMG_7747.jpg

知夫まで約15分間の船旅だ。

知夫では、予約していたレンタカーを借りて、この島の最高峰「アカハゲ山」へ。
アカハゲ山は、標高325m。
360度眺望できる。
しかし、この日はガスがかかっており、残念ながら周辺は霞んでいた。

        IMG_7750.jpg

そして、西ノ島と知夫里島の間にある「赤灘(あかなだ)瀬戸」を見下ろす場所に行ってみる。

        IMG_7752.jpg

以前、1㎞にも満たないこの海峡に、架橋するという構想があった。
勿論、中ノ島(海士町)と西ノ島にも架橋の計画があったが、残念ながら実現はしなかった。

そして、山を下り「赤壁」へと向かう。
途中、隠岐諸島ではこの島にしかいない「たぬき」に遭遇する。

        IMG_7769.jpg

小さすぎて見えないかもしれないが、右の草むらにたぬきがいた。

赤壁は、
島根県隠岐郡知夫村の西海岸にある高さ50から200メートルの巨大な岩石の壁である。
一般には「赤壁(あかかべ)」と呼ばれる。
酸化鉄のためにその岩石の色が赤、茶、黒に変色し、同郡西ノ島町の国賀海岸とは違って強烈な印象がある。陸から展望台があるほか、海からも遊覧船がある。

1935年(昭和10年)、「隠岐知夫赤壁」(おきちぶりせきへき)として国の名勝および天然記念物に指定された。
          By ウィキペディア     


        IMG_7779.jpg

        IMG_7780.jpg

ここも隠岐ジオパークとして、ユネスコに認定されている。
丁度、たぬきが訪れた時には、認定更新のためにユネスコから職員が調査に来ていた。

赤壁から港に向かう途中、「河井の湧水」がある。

        IMG_7799.jpg

        IMG_7797.jpg

詳細は、下の観光協会のページをクリックしてほしい。

              知夫里島観光協会



QRコード作成
写真・画像のWEB加工