常例法座(2018.06.16)

今日は、お寺で6月の常例法座があった。

        IMG_1767.jpg

たぬきは、出来るだけ法座がある時にはお寺に出かけようと思っている。
今日も住職のお話の中で、
 敷居の高いお寺ではいけない。
 お寺には、いつでも気軽に皆さんに来ていただけるようにと思っている。
と言われた。
確かにそのとおりだと思う。
しかし、何かが敷居を高くしているのではないだろうか?
たぬきは、能天気でずうずうしいから、高い敷居であっても低く見るというところがある。
だれもたぬきのように、思っていただければなあと思う。

さて、今日の常例法座は、
〇 拝読 浄土真宗のみ教えから「浄土真宗の救いのよろこび」の唱和
〇 しんじんのうたの拝読

        IMG_1769.jpg

法話は、
 「山の中にいると山が見えない
 汚れの中にいると汚れが見えにくい」
をテーマに
 〇先日の念仏奉仕団での思い
 〇平均寿命と健康寿命
健康寿命を長くするためには、
 食事
 運動
 生きがい
が必要。
特に、生きがいを持つ事が重要。

        IMG_1774.jpg

最後に、光明について

 私たちは、心配し続けてjくれる人、願い続けてくれている人がいても、当たり前のようにそのことに気付かなかったり、ついつい忘れてしまったりしています。
 そうした縁が途切れた時、心配してくれた人がいなくなった時に、やっと、その大切さに気付くということも少なくありません。
 阿弥陀さまの光明は、私たちの気付かない過去から、すべての人々を照らし続けています。
 そのことが、貴重なご縁となって、今、救いに出あっているのです。


と・・・・・



住職ノート
今日は(16日)西宗寺の常例法座でした。
14名のお参りで、いささか寂しい限りです。
何とか毎月20名のお参りを目指したいのですが。
私自身の姿勢が足りないのでしょうか。

今月の標語は
 「水はつかめません すくうのです。
心はつかめません 汲み取るのです」

としました。

梅雨に入ったにもかかわらず、雨が降りません。
沖縄地方では、何十年ぶりの大雨だそうです。

何かしら、今日まで、あたかも水をつかみ取り自在に手繰れるかのように錯覚してきたのが「豊かで、便利で、快適な生活」ではなかったか。
水は自然から授けられ、未来の子供たちから借りているもの。
水を両手ですくう、人の心を汲み取る気持ちを忘れてはならないと思うのです。

        IMG_1765.jpg



イタリア(No.19)

「ウッフィッツィ美術館」のテラスで暫く休憩してから、再び絵画等の観賞をする。
この美術館の収蔵品をゆっくり鑑賞しようと思うと数日を要するかもしれない・・・

        IMG_0549.jpg

        IMG_0552.jpg

        IMG_0554.jpg

        IMG_0555.jpg

下の絵は、ラファエロの「ヒワの聖母」

        IMG_0556.jpg

        IMG_0559.jpg

下の絵は、「ウルビーノのヴィーナス」
作者は、ティツィアーノ。

        IMG_0560.jpg

        IMG_0562.jpg

        IMG_0563.jpg

下の絵は、ダ・ヴィンチの「受胎告知」

        IMG_0566.jpg

        IMG_0568.jpg

下の絵は、カラヴァッジョの「バッカス」
酒の神ヴァッカスを描いたものだ。

        IMG_0572.jpg

        IMG_0570.jpg

        IMG_0575.jpg

最後は、「メドゥーサ」

        IMG_0576.jpg

美術館では、多くの絵画や彫刻などを観賞することができた。
いつも思うのだが、海外では写真撮影が許されている美術館や施設が多くあることに驚かされる。
勿論、フラッシュ撮影は禁止されているのだが・・・
いずれにしても、多くの美術品を間近に観賞することができたのは、たぬきにとって最高の喜びだった。

続きは、また次回・・・・・



住職ノート
6月常例法座のご案内
梅雨の空の下、いかがお過ごしでしょうか。
先日の第4回の本願寺での清掃奉仕、広い廊下も畳も雑巾が全く汚れません。
それほど門徒の皆さんが磨きたてている証です。
次はあなたもお出かけになってみませんか。

 日時 6月16日(土)午前10時~

 山の中にいると山が見えない
 汚れの中にいると汚れが見えにくい




イタリア(No.18)

前回に続いて、「ウッフィッツィ美術館」にて美術品の鑑賞を・・・・・
下の写真は、美術品の展示してある部屋だが、このような部屋がいくつもあり、ところ狭しと彫刻や絵画がある。

        IMG_0518.jpg

        IMG_0519.jpg

また、回廊からは、ヴェッキオ橋やフィレンツェのシンボルでもある「ドゥオーモ」が見える。

        IMG_0525.jpg

        IMG_0522.jpg

        IMG_0530.jpg

この絵は、ミケランジェロの「聖家族」

        IMG_0537.jpg

聖母が幼いキリストを肩越しに受け取る珍しい構図で、ミケランジェロが壁画以外に描いた絵画としては唯一の作品らしい。

        IMG_0534.jpg

そして、美術館のテラスに出て少し休憩。        
ここからもドゥオーモが見える。

        IMG_0540.jpg

        IMG_0539.jpg

        IMG_0541.jpg

続きは、また次回・・・・・



住職ノート
水無月に入りやっと雨が降り、各地が梅雨入り宣言です。
西宗寺念仏奉仕団として、西本願寺に参拝してきました。
お陰様で好天に恵まれ、全員元気で帰ってきまし た。
奉仕といっても1時間弱の清掃ですが、なんときれいになったことか。
長年にわたって、全国各地からの尊い、崇敬の心から出てくる姿は、今日、忘れられようとする、宗教活動を学ばなければならないように思うことです。
参加者の中に、20回も、25回も参加されている高齢の方がたを見るにつけ、今の私の姿を振りかえさせていただきました。
山陰教区からも4団体の参加で、私がご縁をいただいたお同行から、「先日は、ご法話ありがとうございました」と何人かから声をかけてくださって、有難い繋がりだと感じたことです。
また、栃木県の坊守さんが、東出雲町の出身とのことで、どこて出会いがあるのやらと、うれしくなったことです。
帰りは京都御所の見学でした。
広大な御苑の中の御所は、明治まで天皇のお住まいとしてあり、日本のある意味での中心であったところです。
宮殿建築、文化を見ながら歴史的な舞台、時代の移り変わりを感じました。

今月前半の標語は
 「自分が死ぬということを 曖昧にしているときは 生きることも 曖昧になっている」
としました。
現代社会は、死という言葉、音を避けているのでは? 
歎異抄の言葉が思い出されました。
「いささか所労のこともあれば、死なんずるやらんと 心細くおぼゆることも煩悩の所為なり。・・・・これにつけてこそいよいよ大悲大願は頼もしく・・・」。
改めてしっかりと味わって行きたいものです。
現代は、死を忘れている時代、死は生の延長線上、といった方もありました。
じっくりと思いを巡らし、日暮らしをしたいものです。

        IMG_1760.jpg



イタリア(No.17)

ヴェッキオ橋を見学した後、来た道を少しだけ戻り、「ウッフィッツィ美術館」へ。

        IMG_0467.jpg

        IMG_0468.jpg

この建物は、メヂィチ家の依頼でヴァザーリが設計。
当初は、行政と司法のオフィス(ウッフィッツィ)だったが、その後、メディチ家が蒐集した美術品を収蔵するようになったという。
たぬきもこの美術館に入って驚いたのは、昔美術の教科書などに掲載されていた絵画等が、ところ狭しと展示してあったことだった。

ウッフィーツィ美術館(ウッフィーツィびじゅつかん、伊: Galleria degli Uffizi)は、イタリアのフィレンツェにあるルネサンス絵画で有名な美術館である。
1591年より部分的に公開されており、近代式の美術館としてヨーロッパ最古のものの1つである。
またイタリア国内の美術館としては収蔵品の質、量ともに最大のものである。
1982年に世界遺産フィレンツェ歴史地区の一部として認定されている。
また、トスカーナ方言であるUffiziは英単語officeの語源になった。

メディチ家歴代の美術コレクションを収蔵する美術館であり、イタリアルネサンス絵画の宝庫である。
展示物は2,500点にのぼり、古代ギリシア、古代ローマ時代の彫刻から、ボッティチェッリ、レオナルド、ミケランジェロ、ラッファエッロらイタリアルネサンスの巨匠の絵画を中心に、それ以前のゴシック時代、以後のバロック、ロココなどの絵画が系統的に展示されている。
          By ウィキペディア  



        IMG_0491.jpg

        IMG_0492.jpg

入館時には、空港と同様のセキュリティチェックが行われる。

これが、メディチ家の紋章。

        IMG_0496.jpg

そして、2階の回廊の天井には、このような絵が描かれている。

        IMG_0498.jpg

        IMG_0497.jpg

回廊の左手には、数々の展示室がある。
その内の一部の絵画を紹介すると・・・

これは、ピエロ・デッラ・フランチェスカ作の「ウルビーノ公爵夫妻の肖像」

        IMG_0505.jpg

そして、フィリッポ・リッピ作の「聖母子と二天使」

        IMG_0507.jpg

サンドロ・ボッティチェッリ作の「春(プリマヴェーラ)」

        IMG_0510.jpg

同じくサンドロ・ボッティチェッリ作の有名な「ヴィーナスの誕生」

        IMG_0513.jpg

など、素晴らしい絵画の数々に時を忘れて見入った、たぬきじゃった。

続きは、また次回・・・・・



イタリア(No.16)

フィレンツェのミケランジェロ広場を後にした、たぬきは、メディチ家ゆかりの場所へ移動する。

        IMG_0442.jpg

        IMG_0444.jpg

アルノ川を隔てて対岸の丘の上には、先ほどまでたぬきがいたミケランジェロ広場が見える。

        IMG_0445.jpg

そして、川沿いに歩いて行く。

        IMG_0446.jpg

        IMG_0447.jpg

        IMG_0448.jpg

中世を彷彿させるような街並みが続く。

        IMG_0449.jpg

歩いていると、何ともコンパクトな信号機が設置してある。
珍しいので、ついつい写真に収める。

        IMG_0450.jpg

        IMG_0451.jpg

川沿いを下流に向けて歩いて行くと、四階建てのような橋が見えてくる。

        IMG_0457.jpg

この橋が有名な「ヴェッキオ橋」だ。

ヴェッキオ橋またはポンテ・ヴェッキオ(Ponte Vecchio)は、イタリアのフィレンツェを流れるアルノ川に架かる橋。
イタリア語で「古い橋」の名が示すとおり、フィレンツェ最古の橋であり、先の大戦を生き延びたフィレンツェ唯一の橋である。
河川の氾濫などで何度か建て直されており、現在の橋は1345年に再建されたもの。
橋の上に宝飾店が建ち並んでいることで知られる。

プッチーニのオペラ『ジャンニ・スキッキ』のアリア「私のお父さん」「お父様にお願い」(O mio babbino caro)で娘のラウレッタが「お父さん、もしリヌッチョと結婚できないなら、私、ポンテ・ヴェッキオからアルノ川に身投げしてしまうから」と脅すのでも有名で、フィレンツェの代表的な観光スポットになっている。

また、ヴァザーリの回廊(Vasari Corridor)は、 メディチ家の専用通路として約1キロにわたり、ヴェッキオ宮殿からヴェッキオ橋の上を通ってピッティ宮殿まで、一度も地上に降りることなく続く。
          By ウィキペディア     


朝が早かったからか、橋の上の宝飾店は開店していなかった。

        IMG_0474.jpg

        IMG_0475.jpg

        IMG_0476.jpg

ヴェッキオ橋の上からアルノ川の下流方向を見る。

        IMG_0484.jpg

そして、上流方向。

        IMG_0481.jpg

財力を誇ったメディチ家については、また書くこととしよう。

続きは、また次回・・・・・
        


イタリア(No.15)

フィレンツェでは、市内中心部が一望できる「ミケランジェロ広場」へ行く。

イタリア北部の都市フィレンツェ(Firenze、〈英〉Florence)の郊外、街並みを一望できる小高い丘の上にある公園。
フィレンツェ駅近くのバスターミナルから20分程度の場所にある。
穏やかな起伏のある散歩コースがあり、フィレンツェ市民の憩いの場、町の夕景や夜景を楽しむスポットとして人気がある。
広場の中央には、ミケランジェロのダヴィデ像のレプリカが建っている。
          By コトバンク   


        IMG_0406.jpg

前日の夜から朝方まで激しい雷雨だった。
その名残りか?空は厚い雲に覆われていた。
眼下には、フィレンツェの象徴的建造物である「ドゥオーモ」が聳えている。

下に見える川は、「アルノ川」。

        IMG_0414.jpg

        IMG_0416.jpg

        IMG_0415.jpg

        IMG_0417.jpg

        IMG_0423.jpg

上の写真が、有名な「ダビデ像」。

        IMG_0418.jpg

朝が早かったせいか、土産物売りが屋台の準備をしている。

        IMG_0440.jpg

イタリアのいたるところで目につくこの木は「地中海松」。
「アレッポ松」という。

アレッポマツ(英語: Aleppo Pine、学名:Pinus halepensis)は、地中海地方に自生するマツの1種である。
モロッコ、スペインから北は南フランス、イタリア、クロアチア、東はギリシア、北リビアに分布する。
シリア(語源となったアレッポ地方を含む)、ヨルダン、イスラエルでは最も多い樹種の1つである。
標高200mまでの低い土地でよく見られるが、南スペインでは標高1000mまで、モロッコ、アルジェリアの南部では標高1700mまで自生している。
          By ウィキペディア  


日本の松と違い、面白い樹形をしている。
この松が、中世画の中に描かれているのも、たぬきは興味深かった。

続きは、また次回・・・・・



住職ノート
五月晴れの続く今日、この頃ごろです。
爽やかな、心地よい風が吹いています。
その風に乗って鶯が友を求めてか、とても上手にさえずっています。

しばらくパソコンの故障で、ドック入り、久しぶりの住職ノートです。

今月後半の標語は、
 「悲しみ 悩み あるときに もろ手合わせて 跪く 優しい光に 照らされて 心の道は 今開く」
としました。
喜怒哀楽の暮らしの中で、ふと仏さまにぬかずき、手を合わすとき、新しい思いが開けてくるようです。

先日近くをジョッギングしている見知らぬ人が、本堂前に来て手を合わせていらっしゃいました。
声をかけると、標語のこと、子ども会のこと、活動のことなど西宗寺の姿を知っておられびっくりしたことです。
キリスト教の教会にしろ、仏教寺院にしろ、だれでも気軽に入り、心休まる場所にしなければと、再確認したことです。

        IMG_1659.jpg



降誕会法要と上棟式(2018.05.19)

5月19日(土)午後1時30分からお寺で降誕会法要が執り行われた。

降誕会とは、親鸞聖人のご誕生を奉祝慶讃する法要です。
親鸞聖人は、承安3年(1173年)5月21日(新暦)、日野有範公の子として京都日野の里にご誕生なさいました。

その頃の世相は、平清盛の娘・徳子が高倉天皇の中宮となり、まさしく「平家にあらずんば人にあらず」と平家が栄華を極め、貴族社会から武家社会へ大きな転換期でありました。
聖人がご誕生になった日野家は貴族の藤原一門で、有範公そして聖人をはじめ4人の弟様が出家しなければならなかったという経緯からも、苦渋に満ちた現実があったものと思われます。

聖人2才の承安5年(1175年)には、聖人の生涯の恩師である法然聖人が、比叡山を下りて吉水に庵を結び、専修念仏の教えを弘め始められました。
親鸞聖人が9才で出家お得度され比叡山へ登り、29才で自力聖道門と決別し比叡山を降り、法然聖人の専修念仏へ帰入されるまで、まだ27年の歳月が必要だったのです。

また、聖人ご誕生の同年には、華厳宗中興の祖である明恵上人もご誕生なさいました。
上人は、後に法然聖人の専修念仏に対して厳しい批判をされ、『摧邪輪(ざいじゃりん)』を著された方であります。
一説には、この『摧邪輪』に対して、法然聖人の専修念仏の正当性をあきらかにするために、親鸞聖人が『教行信証』を著述されたとも言われております。
聖人のご誕生より始まる90年間の苦難のご生涯は、まさしく末法五濁の時代に生きる私達に、速やかに悟りへ至る本願他力の法門をあきらかにされるためのご一生であり、この親鸞聖人のご誕生を、謹んでお慶び申し上げる法要が降誕会であります。
          By 浄土真宗本願寺派 中央仏教学院ホームページ 



        IMG_1660.jpg

        IMG_1661.jpg

        IMG_1663.jpg

        IMG_1665.jpg

        IMG_1668.jpg

法要は、
 〇 先請伽陀
 〇 三奉請
 〇 表白
 〇 正信偈和讃
と進み、
 〇 真宗宗歌
を唱和した。

その後、記念法話は、
 大田市
  高林寺住職 菅原俊軌 師


        IMG_1670.jpg

浄土真宗の宗祖親鸞聖人のご誕生とそのみ教えについて、比喩を交えて分かりやすくお話をしていただいた。        

降誕会法要の後、お寺の外手洗いの上棟式が執り行われた。

        IMG_1674.jpg

        IMG_1676.jpg




QRコード作成
写真・画像のWEB加工