平成29年度西宗寺門信徒会総会(2017.02.11)

昨日午後2時から平成29年度門信徒会総会が、お寺で開催された。
テレビなどで報道されたように、山陰地方は大雪が降った。
鳥取市では、33年ぶりの大雪(90㎝)とのことだった。
松江では、鳥取ほどではないものの、それでも30cm位の積雪だった。

この日の朝8時半頃、たぬきの友人の門徒さんから電話があり、「お寺の雪かきに行ってはどうか」とのこと。
早速、着替えてお寺に向かうと・・・

        IMG_6476.jpg

        IMG_6477.jpg

        IMG_6478.jpg

こんな状態。
本堂への参道は、雪かきがしてあるものの、駐車場はそのまま。

住職と坊守さんは、既に雪かきをされていた。
駆け付けた、たぬきも早速、持参したスコップを片手に除雪作業に参加。
暫くすると、西宗寺の門信徒会長(総代)さんご夫婦も来られて、雪かきをした。
2時間ばかりの作業で、何とか駐車場の雪かきも終了した。

午後2時からの総会に備えたが、雪はその後も降り続き、除雪した場所がすぐに白くなる。
それでも、何とか車の駐車には支障は無かった。

除雪作業中もお寺には、総会開催の問い合わせの電話や欠席の電話が相次いだ。

午後2時からの総会には、40人ばかりの方たちが出席された。

        IMG_6480.jpg

総会の前に
 〇 重誓偈のおつとめ
 〇 浄土真宗の生活信条の唱和
をし、その後、住職から

        IMG_6483.jpg

 〇 伝灯奉告法要にあたってのご消息の伝達
 〇 法話
があった。

総会では、
 〇 門信徒会会長挨拶
 〇 定足数の報告
 〇 議長選任
 〇 議事
  ・ 平成28年度行事報告・決算報告
  ・ 平成28年度監査報告
  ・ 平成29年度行事予定(案)・予算(案)
 が、それぞれ承認された。
そして、住職から新規に門信徒になられた方の紹介があった。
また、閉会の挨拶は若院さんがされ、真宗宗歌を斉唱して、閉会となった。

毎年総会は、2月11日に開催されるのだが、このような大雪に見舞われたことは無かった。
ぜひ、来年はお天気に恵まれるようにと思った、たぬきじゃった。

このような大雪の中、出席された方たちに感謝したい。



西宗寺役員会(2017.1.22)

今日は、午後2時からお寺で役員会が開催された。
たぬきは、昨年12月にあった役員会には、体調不良で出席できなかったので、久しぶりの出席だった。

役員会が始まる前には、本堂で「讃仏偈」のお勤めと「浄土真宗の生活信条」の斉唱をし、その後庫裏に移動してから行われた。
役員会では、
 〇 2月11日開催の門信徒総会について
 〇 伝灯奉告法要について
 〇 念仏奉仕団について
 〇 西宗寺墓苑の斡旋について
 〇 施設(トイレ)整備について

を協議した。

今夜から明後日にかけて、再び寒波が到来するようだ。
大雪にならなければ、いいのだが・・・



住職ノート
1月後半の法語です。

        IMG_6425.jpg



隠岐(2015.07)~その5

次の日の朝、目覚めるといいお天気だった。
ホテルの前の「美田湾」も穏やかだ。

        IMG_2209.jpg

昨晩、花火大会の見物に出かけた時のクルーザーが係留されている。

        IMG_2214.jpg

この船の屋根の上から花火見物をしたのだ。
昨夜の余韻が残っているようだ。

また、この日は、午前9時過ぎに船を出してもらい、海上から国賀海岸の絶景を堪能することになっている。
それも今回の旅行の楽しみの一つだ。
波が穏やかであることを祈りながら豪華な朝食に舌鼓・・・

「国賀めぐり」は、次回書くことにして、今日は西ノ島町の紹介をしよう。
これは、ある機関紙に掲載されていたもの。

島根半島の沖合、北西へ約65㎞離れた隠岐諸島・島前は、島々がとり囲む世界でも珍しいカルデラの海が最大の魅力です。
その中央に突き出た島前最高峰の焼火山(たくひさん)を抱く西ノ島。
翼をひらいた形で島前カルデラの西北エリアに広がっています。
青い海と天空の草原、日本有数の海食崖、今でも進行する浸食地形、そして、日本の面影を伝えてきた風土が折り重なって、海に浮かぶ絶景のオアシスとして古くから知られています。
その中でも、昭和13年に国の名勝および天然記念物に指定され、昭和38年に大山隠岐国立公園に指定された「国賀海岸」は日本海の激しい海食作用を受け、東西に約7㎞にわたって、断崖・絶壁・洞窟が続き、見るものを魅了する景観美を誇ります。


などと書かれている。
その素晴らしさは、次回以降に写真を交えて書くことにしたい。



住職ノート
毎日暑い日が続づいていましたが、昨日(13日)は雨。今日(14日)はまた降ったり、止んだりの日でした。
でも、そのお蔭か若干涼しい感じになりました。

ところで、お盆真さかりです。
各宗派のお寺さんが走っていらっしゃいます。
お盆の意味、そしてお寺さんが家にお参りされ、お経をあげられるのはどんな意味があるのでしょう。

慣習で?バックグラウンドミュージックで?ちょっと考えてみませんか?

お墓や、お寺にお参りして、他人ごとでない、ご先祖が示してくださった、私の「いのち」の在り様を考えることではないでしょうか。

今月後半の言葉は、
 {物の豊かさに 人間の心が 貧しくなる 悲しいことだ}
としました。
いろいろなご家庭に参拝しながら、ふと思ったことです。
皆さんいかがですか。
何か気づきませんか?

残暑厳しいことです、くれぐれもご大事に。

        IMG_2440.jpg



住職ノートの掲載が遅くなって申し訳ありません。
たぬきは、島根県西部に墓参り等で行っており、昨日(16日)松江に帰ってきました。
言い訳です。
     By たぬき



中央仏教学院通信課程のレポート

たぬきは、今、中央仏教学院通信課程の2年次。
先般、同じ2年次の人から質問があった。
「たぬきさんは、レポートの課題は何を書きますか」ということだった。
なぜこんな質問があったかというと、レポートの課題は、教科によって2~3問の中から選択できるものがあるからだ。
たぬきは、書きかけのレポートを見ながら、選択した問題をその人に答えた。
皆さん、色々な思いを持ってレポートの作成をされているのだろうと感じた。

因みにたぬきは、
  〇真宗Ⅱ~(2)
  〇仏教史~(2)
  〇真宗史~(2)
  〇伝道~1問のみ
という選択をした。
そして、現在作成中。

レポートの作成は、悩みが多い。
テキストだけでなく、いろんな参考図書を読みながらの作成になると、紙面が足りなくなる。
簡潔にまとめようとすると、何かが抜けているように感じる。
いずれにしても、提出期限があるので目標を定めてまとめる必要がある。
そんな思いをしながら、今夜も机に向かうたぬきじゃ。

        DSCF0218.jpg

        DSCF0220.jpg

上の写真2枚は、上が川に浮かんでいる「あめんぼう」
下が出雲空港に向け着陸体制に入った「飛行機」
いずれも数日前に近所を散策中に撮影したものだ。

どちらも、なんとなく共通項があるように感じたのだが・・・



住職ノート
4月に入り、桜も一層きれいに目に映ります。
今宵は、門前の染井吉野はもとより、山桜も咲き誇りまさに花の寺という雰囲気です。

今月に入り、5日は今年お生まれになった子どもさんの初参(しょさん)式でした。
今年はお一人でしたがご両親はもとより、おじいさん、おばあさんもお参りになり、主催の仏教婦人会の役員と共々に、喜んだことでした。
この子どもさんが大きくなった頃には、どのような日本になっているのでしょうか。
心豊かな、平和な世界を念願することです。
また当日、午後には西宗寺仏教婦人会の総会でした。
31人の集まりでしたが、ばあちゃんから、嫁に、孫に、手を合わす家庭が相続されることを期待したことです。

昨日8日は、花祭り(釈尊の誕生日)でした。
地域によっては、門前に甘茶をセットしてお釈迦様誕生をお祝します。
世間ではキリストの誕生がピーアールされますが、仏教徒とすれば釈尊誕生も再認識されるべきでしょう。

来年は県民会館で西本願寺派主催で花祭りを開催する予定です。
しっかりと予定を立てなければなりません。


テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

no title

テスト送信

It is difficult to tell me

It is difficult to tell me.

I seem to understand it, but do not understand it.
Such a thing was taught.

The raccoon dog has taught at a school in old days.
At that time, I intended to tell students how.
I studied beforehand to tell students.

However, can you tell that they really think?
I think of such a thing.

I feel the difficulty of tell me.



     P1070583_convert_20121116195803.jpg



撮影の難しさ

先日も書いたのだが、写真撮影の難しさをつくづく感じる。
それは、カメラの性能にもよるのだろう。

持っているカメラときたら、別名「デジカメばかちょんカメラ」。

そんなカメラでいいシーンは撮れる訳がない、と言われそうだ。
しかも、三脚も持っていない。
最悪である。

中でも、一番難しいと思うのは、花火の写真。
何回撮ってもいい写真が撮れない。
下の写真が、その証拠。



   DSC03133_convert_20110823202042.jpg     DSC03174_convert_20110823202118.jpg


   DSC03244_convert_20110823202155.jpg     DSC03289_convert_20110823202227.jpg


そのうち、いい写真を撮ってこのブログに掲載しよう!
「弘法筆を選ばず」だ、などと・・・

そんなことを思いながら、アルバムをひっくり返しているたぬきじゃ。



テーマ : ブログや日記 - ジャンル : ブログ

QRコード作成
写真・画像のWEB加工