常例法座(2017.04.16)

昨日、毎月恒例の常例帆座があった。
常例法座は、毎月16日と決まっている。
そんなことから、仕事のあるてぬきは、平日はお参りできないことが多い。
しかし、お参りできる時にはお寺に行くのが門徒としての勤めかも・・・
そんなことを思った、この日の常例法座だった。

        IMG_6739.jpg

        IMG_6742.jpg

最初は、讃仏偈を読誦し、浄土真宗のみ教えを唱和。
法話は、住職が「浄土真宗本願寺派」の法語カレンダー今月のことばから
  「仏の御名をきくひとは ながく不退にかなうなり」
を引用して話をされた。

これは、親鸞聖人の「浄土和讃」の一節で、その前段には
  「たとい 大千世界にみてらん火をも すぎゆきて」
とあることなどを分かりやすく説明された。

南無阿弥陀仏と唱えるのだが、それを聞くと表現するところが浄土真宗のみ教えの特徴。
名は体を表すと言われるが、まさに南無阿弥陀仏とは、そのままの教えだろう。

住職には多くのことを教えていただいたが、所詮たぬきの許容限度はこの程度かもしれない。
詳細は、住職ノートで・・・

        IMG_6745.jpg

法話の後には、いつものように参拝者一同で、お茶をいただいて歓談した後、
 恩徳讃
を斉唱して、常例法座は終了した。



住職ノート
  「散る桜 残る桜も 散る桜」 
今年の西宗寺の桜は、何とも言えず私の眼を、近隣の人の眼を、なごませてくれましたが、早、葉桜になってきました。
最近はソメイヨシノも山桜も同じころに咲くようになってきました。
これも地球温暖化のせいでしょうか。

今月に入り、異なったご往生の姿に出合わさせていただきました。
ご主人の帰りを待っておられた奥さんが、帰りが遅いので職場に電話されたら、亡くなっていらしゃった方。
突然のことで、何が何やら迷うばかりのこと。
また、昨年は、元気で長寿お祝いに、知事さんの訪問を受けられた102歳のおばあちゃんの安らかな往生。
そして、1月に肺癌が見つかり、家族の看病もむなく74歳の生涯を終えられた男性。 
本当に「死」は時を選ばずとは、私たちが厳しい教えを受けているようです。
その度に、私自身がその生涯を通して、教えていただくことの多いこと。
そして、残された方々に「いのちのバトン」をしっかりと受け継ぎ、生きていってほしいことを話したことです。

その一方、お父さんの、お母さんのご法事なのにどうされたやらと心配でお電話をすると、「家族で済ませましたので」とのこと。
葬儀の時にあれほど涙を流し、私も精一杯務めさせていただいたのに、といささか愚痴ったり、寂しく思ったことです。
現代社会が簡単に事を済ませようとする姿に私たちの姿勢を反省することです。
人間社会は、縦の関係、横の関係共々に支えあって存在していることを思えば、素朴な、温もりのある人間関係をと思うのは私だけでしょうか。

今月の標語は
 『御尻に無常の火が付いているヨ 「いたずら者を助けんがための」お念仏に出会いましょう』
としました。
不信の人、未信の人、様々の生業の中で自分の姿を見つめていきましょう。
『散る桜 残る桜も 散る桜』ですもんね。

        IMG_6735.jpg



住職ノート(2017.03.31)

住職ノート
陽春の候となってきました。にもかかわらず今日(3月31日)は、肌寒い雨となりました。
本堂前の木蓮が寂しく、濡れています。

4月1日は初参式(初参り)をします。
今年は、1歳4か月の女のお子さんが、家族とお参りされます。
子供の成長とともに、家族みんなが、仏さまに見つめられている、麗しい家庭生活を願っています。

午後は仏教婦人会の総会・研修会です。
今年は、ご講師を呼ぶことなく、住職に依頼がありました。
「妙好人の味わい」について、やさしく話してほしいとのことです。
いささか心配なことですが、如来さまを信じ、謙虚と感謝報恩をわすれず、鋭い自己観察を持って日暮らしをされた姿は、現代社会に大切なことを教えてくださっているようです。
共々に味わって行きたいと思います。


        IMG_6627.jpg


永代経法要(2017.03.18)

年度末で忙しいたぬき。
暫くぶりにブログを書く言い訳か?!

先週の土曜日は、お寺で「永代経法要」があった。
永代経法要とは、
門信徒の方々によるご懇念によって、ご本山やお寺が護持され、お念仏のみ教えが永代に受け継がれていく法要であります。
それは、いのちを恵まれた私たちが、法要をご縁として、仏恩報謝の心を表すことであります。
その心はやがて子や孫に受け継がれ、み教えを聞き広めるご縁となります。
ご法義を大切にされる方々の思いが、永代経法要であるとも申せます。
          本願寺ホームページより



        IMG_6621.jpg

        IMG_6626.jpg

        IMG_6629.jpg

最初に、「仏説阿弥陀経」の拝読。

        IMG_6634.jpg

次に、「浄土真宗の生活信条」の唱和。

そして、
  島根県大田市温泉津町
    龍蔵寺住職 石井義則師
による法話。

        IMG_6639.jpg

「死んだらどこにいくのか?」
それが分かっている人、分からないまま亡くなっていく人。
様々な人生模様の中で、ともに会える世界があることを知って欲しい。
阿弥陀経の中に「倶会一処(くえいっしょ)」という言葉が出てくる。
倶会一処とは、ともに一つところで会えるという意味。
お浄土では、死に別れた人たちと、また会える。
と、多くのたとえ話の中から分かりやすくお話をしていただいた。

最後に「恩徳讃」を斉唱して、法座は終了した。
        


住職ノート
バタバタとしている間に今月も残すところ10日となりました。
広島の別院に中国・四国地方の実践運動の役員が集まり状況報告と情報交換をしたことです。
過疎、人心の変化の中で、各教区パンフレットを作成したり、全国紙に折り込み広告を出したり、苦労をされている姿に、山陰教区も現状に甘えることなく努力していかねばと思った次第です。
お彼岸前の奉仕作業をしていただいた後、18日は西宗寺の春彼岸永代経法座を、温泉津町のご住職のお招きして、ご法話を聴聞しました。
私とは異なり人柄からか、ゆっくりと丁寧に「倶会一処」のお取次ぎをしてくださいました。
マイクの故障で聞き取りにくかったのですが、せめてお彼岸くらいは、お墓参りで満足するのではなく、みんなが法話を聞き、我が姿を振り返り、我が行く先を、しっかり見つめる機会を、持ってほしいと思ったことです。

今月後半の標語は、

「亡き人のための お経と思いしが 私が救われていく お経だったとは・・・・」

としました。

「訳がわからないから、難しいから、お経を読むのは」と避けている人が多いのではないでしょうか。
声に出しているうちに、何回も読んでいるうちに、ほかならぬ私のための教えが書かれてあったのだと、じわりじわり伝わってくるでしょう。
だから聖典は、地べたに置かないのです。
さあ!共々に聴聞を続けましょう。

        IMG_6619.jpg

山陰教区の所長が転勤されることになりました。
3年間公私ともに、お世話になりました。
北海道に転勤とのこと、遠方ではありますが、北の大地にしっかりと、御念仏相続を願うことです。
有難うございました。


第25代専如門主伝灯奉告法要へ

たぬきは、3月9日から10日まで京都へ行っていた。
今回の京都行きは、本願寺の専如門主の伝灯奉告法要は、「ご門主のお代替わりを、仏祖の御前に奉告する法要」で、昨年(平成28年)10月から本年(平成29年)5月まで行われる。
法要には全国から多くの門信徒の方たちが参拝に訪れる。

たぬきのお寺(西宗寺)は、山陰教区の松江組(まつえそ)に所属しており、今回の伝灯奉告法要へは松江組からの団体参拝だった。
松江組からは、13ヵ寺157名の参拝。
お寺(西宗寺)からは、21名の参加があった。
午前7時15分、バスでお寺を出発。
途中、中国自動車道「加西SA」で松江組管内各地を出発した参拝バスが集結し出発式の後、本願寺へ向かった。
出発から休憩等を交え、バスに揺られて4時間余り・・・
山陰からは遠いと感じる。

        IMG_6550.jpg

        IMG_6553.jpg

本願寺に到着後、御堂前の白洲でバスの号車ごとに記念撮影。
午後1時過ぎから入堂。
松江組は、御影堂に席が確保してあり、ここで参拝した。
法要は、阿弥陀堂と御影堂で同時進行で行われ、それぞれの御堂内は、各所に設置されているモニターで見ることができる。

        IMG_6556.jpg

伝灯奉告法要は、午後2時から厳粛に執り行われた。

法要の詳細は、本願寺ホームページでも確認できるので、そちらを見てほしい。
また、法要の様子はライブで見ることもできる。

法要関連の行事も終えて、午後4時30分たぬきたちの宿泊先である京都東急ホテルへ入った。
ホテルに入ってからも法要の時の感動の余韻が何時までも残った、たぬきじゃった。



お寺での話

今日は、たぬきの定休日。
事前に住職のアポを取り、午前中お寺に赴いた。

お寺では、坊守さんも交えて色々なお話をさせてもらった。
まず、日曜日に開催された「平成28年度山陰教区門徒推進員連絡協議会実践運動研修会」の報告をした。
葬儀に関することは、身近な問題でもあり、色々な意見があったことを話した。

また、「新興宗教の問題点」や「○○会」の活発な活動とその対応。
各種法座を始めとする行事への門信徒の皆さんの参加促進。(魅力あるお寺の活動とそのあり方)
インターネットを活用した新たな情報発信の工夫など、色々なお話をさせていただいた。

本年8月下旬に浄土真宗本願寺派山陰教区布教団で企画されている「インド仏跡巡拝の旅」にたぬきも申し込みをする予定であることも話した。
インドの仏跡は、以前からたぬきが行きたかったところでもある。
治安面では少し心配な場所であるが、是非、仏教発祥の地を見ておきたいと思っている。

そんなお話をして、2時間があっという間に過ぎてしまった。

        IMG_6453.jpg



住職ノート
弥生3月になりました。
昨日、今日と、朝、目を覚まして北山を見れば日の光が山の色合いが、春を感じさせる光景です。
卒業式の案内状が来ると、一層その感を深めます。

先日26日には山陰フィル演奏会に行ってきました。
音楽音痴の私ですが、久しぶりにオーケストラによるクラシックコンサートを聴き、感動したことです。
時には異なった日常を味わうことの大切さを感じました。

今月前半の標語は、彼岸を控えていることから、
 「亡き人の身を 案ずる人は多いが 亡き人の思いに 気づく人は少ない」
としました。

亡くなった親は、亡くなったわが子は、亡くなった祖父母は等々。
どこで、何をしているのか、気にかけています。
限りある私の命に、死んだらおしまいというような悲しみと、むなしさを抱えて生きる私たちに、見捨てることができないとの願いを成就してくださったのが、お浄土という ことではないでしょうか。
案じている私たちが、往生された亡くなった方から案じられているのではないでしょうか。
亡くなっていった方々の願い、思いは何だったのでしょうか。

春3月どんな時も、見てござる、聞いてござる、知ってござるの仏さまを思いつつ、新年度を迎えたいものです。

        IMG_6548.jpg



修正会(2017.)

 
明けましておめでとうございます。
       本年もよろしくお願いいたします。

暫くぶりに、ブログを書いています。
今年は、皆様にとって、よい年になりますように・・・



毎年恒例の「修正会」が、元日の今日と明日、午前7時からお寺で執り行われる。
たぬきは、今朝は早起きをしてお寺へ。
お寺に着いた時には、まだ夜は明けきっていない。
雪や雨も降っておらず、今日はいいお天気になりそうだ。
そんなことを思いながら、お寺の山門をくぐる。

        IMG_6408.jpg

今日も穏やかな日となりそうだ。
少し早く到着したこともあり、お参りの人たちはまだだれも見えていない。
住職に新年の挨拶をし、仏前で焼香、お参りをする。

        IMG_6409.jpg

午前7時前になると家族連れなど多くの方たちが、お参りに来られた。

午前7時から
 〇浄土真宗の救いのよろこびの唱和
 〇正信偈の読誦
 〇浄土真宗の生活信条の唱和
 〇住職の法話

        P1220310.jpg

その後、庫裏に移動して「お茶席」でお抹茶をいただいた。 
新年にあたり、色々な思いがある。
それぞれの人生、悔いのない1年としたいものだ。



住職ノート
本年最初の法語です。

        IMG_6412.jpg




ワクワクみのりフェア(2016.11.06)

今日は、お寺で毎年恒例の「ワクワクみのりフェア」が開催された。
毎年の行事として定着してきたようで、多くの人たちがお寺を訪れた。

午前10時30分から「ハッピーコモンズ」というグループのミニコンサートが行われ、本堂内は満席となる盛況ぶりだった。
第1部 バンド演奏の部では、
 テネシーワルツ
 いい日旅立ち
 秋桜
などの演奏。
第2部は、コーラスの部で
 みかんの花咲く丘
 秋の童謡メドレー
 上を向いて歩こう
などをみんな一緒に歌ったりして、楽しいひと時を過ごした。

        IMG_6213.jpg

ミニコンサート終了後には、本堂でバザー。

        IMG_6217.jpg

庫裏では、豚汁のサービス。
その他、焼きそばや炊き込みご飯、焼き芋、漬物の販売。

新鮮野菜や草花の苗なども販売され、殆どを完売し、盛況のうちに午後終了した。


QRコード作成
写真・画像のWEB加工