北海道(No.18)

たぬきたちは、札幌まで帰る。
札幌で訪れたのは、サッポロビール博物館。

        IMG_7244.jpg

        IMG_7246.jpg

        IMG_7247.jpg

        IMG_7252.jpg

サッポロビール博物館(サッポロビールはくぶつかん)は、北海道札幌市東区にある博物館。
サッポロガーデンパークにあり、日本国内で唯一となるビールに関する博物館になっている。

1869年(明治2年)に開拓使が設置されると明治政府によって勧農・殖産興業が推し進められ、開拓使官吏の村橋久成やドイツでビール醸造技術を学んだ中川清兵衛を招聘して官営模範工場となる「開拓使麦酒醸造所」を1876年(明治9年)に創設し、現在のサッポロファクトリーがある場所に工場を建設した。
開拓使廃止後は農商務省の所管となり、1884年(明治17年)に「札幌麦酒醸造場」と改称している。
1886年(明治19年)に大倉喜八郎の大倉商会(大倉財閥)が麦酒醸造場の払い下げを受け、翌年に渋沢栄一らが譲り受けて「札幌麦酒会社」を設立し、現在のサッポロビールに繋がっている。

サッポロビール博物館の煉瓦造の建物は1888年(明治21年)設立の「札幌製糖」が1890年(明治23年)に建設した製糖工場である。
ところが、この製糖会社は原料となるビートの確保に誤算があったほか、不祥事が多発したため衰退の一途を辿って解散してしまう。
一方で、ビール工場は年々増える生産量に対応するため工場増設の必要性に迫られており、1903年(明治36年)に煉瓦造の製糖工場を買い取って製麦工場として使用した。
建物は改修や補強をしながら1965年(昭和40年)まで工場として稼働していた。
1966年(昭和41年)にサッポロビール創業90周年を記念して「開拓使麦酒記念館」となり、ビアホールの「サッポロビール園」を併設した。
その後、一時は取り壊しの声もあったが、歴史的な建物を残す機運が高まり、1987年(昭和62年)に「サッポロビール博物館」として開館した。
文化庁から国の重要文化財に指定したい申し出もあったが、重要文化財になると建物や内部設備の改装などに国の許可が必要になること、今後も会社を挙げて保存に努めるつもりであることから辞退している。
2004年(平成16年)と2016年(平成28年)に館内を全面リニューアルしている。

3階、2階、1階の順に見学していく。
建物の外には1876年(明治9年)開業の「開拓使麦酒醸造所」において当時工場前に積み上げられた樽を復元しており、白ペンキで「麦とホツプを製すればビイルとゆふ酒になる」と書かれている。
平仮名の一部は変体仮名であり、「れば」の部分は「連者」をくずした平仮名になっている。
          By ウィキペディア    


次に訪れたのは、「大倉山シャンツェ」。
札幌冬季オリンピックの舞台となった所だ。

        IMG_7257.jpg

        IMG_7259.jpg

        IMG_7260.jpg

        IMG_7262.jpg

大倉山ジャンプ競技場(おおくらやまジャンプきょうぎじょう)は、札幌市中央区にあるスキージャンプの競技場(ラージヒル)。
宮の森ジャンプ競技場とともにナショナルトレーニングセンター(NTC)競技別強化拠点施設になっている。

1972年(昭和47年)の『札幌オリンピック』スキージャンプ競技が開催された場所であり、現在でもサマージャンプやナイタージャンプが可能な設備を整えており、国内大会や国際大会を数多く開催している。
ジャンプ台とその周辺は観光地になっており、標高307 mの展望ラウンジからは札幌の市街地や石狩平野、石狩湾を一望することができるほか、ジャンプ台の前には札幌ウィンタースポーツミュージアム、大倉山クリスタルハウスがある。
公式キャラクターとして「くらやん」(モデルはエゾモモンガ)が誕生している。

大倉山ジャンプ競技場誕生のきっかけは、1928年(昭和3年)に秩父宮雍仁親王が来道した際に、札幌に国際級の大型ジャンプ台を造る必要性を大野精七達に話したことから始まる。
翌年にはノルウェーからジャンプ台造りの第1人者であるオラフ・ ヘルセット中尉達が来札し、当時は無名の山に60 m級のジャンプ台を造ることを決めた。
1931年(昭和6年)にジャンプ台は完成し、ヘルセット中尉達を招聘して建設費を賄い札幌市に寄贈した大倉喜七郎の厚意に報いるため「大倉シャンツェ」と命名した(「シャンツェ」はドイツ語で「ジャンプ台」という意味)。
なお、無名の山に「大倉山」と名づけられると、「大倉山シャンツェ」と呼ばれるようになった。
          By ウィキペディア    


そして、夜は居酒屋で花咲ガニを食べ、大通り公園を散策した、たぬきじゃった。

        IMG_7265.jpg

        IMG_7268.jpg

        IMG_7271.jpg





北海道(No.17)

そして、札幌に向けて道東自動車道を西に向かう。
この高速道路は、「〇男道路」とも呼ばれているらしい。
〇男とは、以前、物議をかもした北海道選出の国会議員だから分かると思う。
世間では、色々と取りざたされたが、地元では依然として支持者が多いようだ。

それはともかく、道東自動車道から下りて、国道274号を西方に向かう。
国道に入ると道路は片側通行の所があり、一部大きくえぐられたところもある。
これは、昨年8月に史上初めて台風が北海道に上陸。
しかも、1週間に3個もの台風が上陸した。
その時の爪痕が、このように今でも残っていた。

日勝峠への道路は、通行止めとなっており、途中のドライブインで昼食を摂る。

        IMG_7233.jpg

        IMG_7236.jpg

        IMG_7234.jpg

        IMG_7235.jpg

この時は天候も悪く、十勝平野の眺望もあまり芳しくなかった。

日勝峠(にっしょうとうげ)は、北海道沙流郡日高町と上川郡清水町の境界にある峠。
峠の東側は十勝川水系、西側は沙流川水系である。
日高山脈の分水界であるが、両水系とも太平洋に注いでいる。

道央と道東を結ぶ交通の要衝である。
標高は1,022mであるが植生環境から見れば本州の標高3,000m級に匹敵する環境となっており、走行条件の厳しい峠となっている。
日高町大颱橋から清水町石山までの区間(33.3km)は、特殊通行規制区間になっている。
1年中霧の影響を受けやすく、特に夏期は清水町側を中心に著しい濃霧による視程障害が発生し、冬期は吹雪による視程障害が発生する。
このような悪条件などにより交通事故が多発する峠であり、視線誘導施設の設置や防雪・路面凍結対策などを施してきた。
登坂車線やブレーキ故障車に備えた待避所(緊急待避所)も設置されている。

2011年(平成23年)に道東自動車道が道央圏までつながり、峠越えの負担軽減が図られた。

2016年8月30日、平成28年台風第10号により被災、土砂流入、路面崩壊、落橋などが発生し、同日11時15分から日高町千栄〜清水町清水(延長43.8km)が通行止めとなった。
7号目付近、8号目付近、三国の沢覆道など複数箇所で大規模な崩落が発生、日高町内では千呂露橋、岩瀬橋、ニセクシュマナイ橋が落橋するなど壊滅的な被害を受けており、職員が徒歩や自転車で調査して66か所の被害個所を確認。
2017年秋ごろを目途に復旧工事が進められている。
国道38号狩勝峠も同様に被災して通行止めとなったため、道東自動車道占冠IC - 音更帯広IC間で通行料金の無料措置が実施されている。
          By ウィキペディア      


そして、たぬきたちは昼食の後、再び道東自動車道にもどり、一路、札幌に向かった。



北海道(No.16)

隠岐の話は、前回で終了。
北海道の続きを紹介して行こうと思う。

たぬきは、来週からインドへ行き、お釈迦さんの仏跡を訪ねて来ることにしている。
出来れば、それまでに北海道の旅のブログを終わらせたい。
そう思いながら今夜、ブログを書いている。

阿寒湖のマリモを見学してから、再び観光船に乗り「幸運の森桟橋」へ。
そこで下船し、「雄阿寒オンネトー」へ行く。
オンネトーとは、アイヌの言葉で「年老いた沼、あるいは大きな沼」というらしい。
火山活動によってできた湖だ。

この日は、天気が悪く、本来なら綺麗な湖水が見られただろうが、残念ながら雄阿寒岳もガスの中だった。

        IMG_7195.jpg

        IMG_7196.jpg

しかし、オンネトーからの帰り道では、ミズバショウの群生しているところもあり、北海道の自然に触れることができた。

        IMG_7214.jpg

        IMG_7216.jpg

北海道の広大な大地にある自然は、日本の大きな財産だと感じた、たぬきじゃった。





北海道(No.15)

チュウルイ島のマリモ展示観察センターへは、下の写真のような観光船で行った。

        IMG_7191.jpg

なんともメルヘンチックな船だ。

マリモ展示観察センターへは、こんな道を歩いて行く。

        IMG_7171.jpg

未知の周囲には、珍しい植物等がある。

センターの中に入ると、マリモの水槽が並んでいる。
目を引くような大きなマリモが展示してある。

        IMG_7173.jpg

        IMG_7174.jpg

        IMG_7177.jpg

        IMG_7176.jpg

        IMG_7178.jpg

マリモ(毬藻、学名:Aegagropila linnaei)は、球状集合体を作ることで知られている淡水性の緑藻の一種である。
特に阿寒湖に生育するマリモは、美しい球状体を作るため日本の特別天然記念物に指定されている。

マリモは球状の集合体を形成するが、球状体一つがマリモの一個体単位というわけではなく、この球状体を構成する細い繊維(糸状体と呼ぶ)がマリモの個体としての単位である。
よく目にする球状の「マリモ」は、生物学的にはマリモの“集合体”である。
多くの生息地では、マリモは糸状体の形態で暮らし、球状の集合体を作らない。
見た目は柔らかそうであるが実際には硬い藻であり、手で触れるとチクチクとした感触がある。

日本では1897年に札幌農学校(現北海道大学)の川上瀧彌が阿寒湖の尻駒別湾で発見し、その形から「マリモ(毬藻)」という和名をつけた。
なおカール・フォン・リンネがスウェーデンのダンネモーラ湖からマリモを採取し学名をつけたのは1753年である。

日本ではマリモの生育が確認されている湖沼は以下のとおりである。
北海道:阿寒湖・釧路湿原内の中小湖沼(シラルトロ湖・塘路湖・達古武沼)・チミケップ湖
青森県:左京沼・田面木沼・市柳沼・姉沼・内沼・小川原湖
秋田県:獅子ヶ鼻湿原(にかほ市象潟)天然記念物に指定されている鳥海マリモ。直径1m以上もある世界最大のマリモもある。
山梨県:山中湖・河口湖・西湖・精進湖・本栖湖(いずれもフジマリモ)
滋賀県:琵琶湖
富山県:タテヤママリモ

このうちマリモが大きな球状の集合体を形成するのは阿寒湖と小川原湖だけである。
また、富山県で発見されたタテヤママリモは、かつてはマリモと同一種とされ、誰かの放流説などが疑われていたが、DNA分析の結果、違う種であることが確認された。
全国各地に散発的に分布している。

阿寒湖のマリモは最大30cm程度と大きくビロード状の球状形態や希少性から1952年に国の特別天然記念物に指定された。
また、近年各地で個体数が減少しており、種として環境省のレッドリストで絶滅危惧種で掲載されている。
また、阿寒湖のマリモは直径30cm程度まで生長するが、太陽光の届かない中心部は糸状体が枯れて空洞になっているため、大きさを支えきれずに壊れてしまう。
だがその後は小さいマリモとなり、再び成長を続けていく。
なお3月29日は阿寒湖のマリモが天然記念物に指定された日であり、この日はマリモの日とされている。
          By ウィキペディア    


マリモ展示観察センターについては、下をクリックして見てほしい。

          マリモ展示観察センター

マリモの魅力に取りつかれた、たぬきじゃった。



北海道(No.14)

阿寒湖畔のホテルで一夜を過ごした、たぬきは、観光船に乗って阿寒湖の観光に出る。
この日は、小雨模様で気温も低い。
大雨にならないことを祈りながらの船出だった。
湖は穏やかで、肌寒いのを別にすれば、まあまあというところだ。

        IMG_7128.jpg

        IMG_7133.jpg

        IMG_7132.jpg

観光船乗り場は、ホテルのすぐ側にあり、「幸運の森桟橋」という名前がついている。
出港すると、宿泊したホテルも見える。

阿寒湖(あかんこ)は北海道東部、釧路市にある湖である。
全域が阿寒国立公園に含まれ、道東を代表する観光地となっている。
北海道で5番目に大きい淡水湖。

特別天然記念物のマリモや、ベニザケの湖沼残留型(陸封型)であるヒメマスが生息する。
冬は全面結氷し、ワカサギ釣り、スケート、スノーモービルなどのウィンタースポーツが盛んで、阿寒湖氷上フェスティバル・冬華火などのイベントも開催される。
周囲はエゾマツ・トドマツなどの亜高山帯針葉樹林、および広葉樹を交えた針広混交林の深い森に覆われている。

2005年11月、ラムサール条約登録湿地となった。

雄阿寒岳の西にあり、山の北にあるパンケトー、東にあるペンケトーとともに雄阿寒岳の裾野を三方から円形に囲む地勢である。
雄阿寒岳と対をなす雌阿寒岳は、阿寒湖の南西約9キロメートルのところにある。
カルデラ湖としては傾斜も深さも穏やかである。
島:大島、小島、チュウルイ島、ヤイタイ島の4つ。
チュウルイ島にマリモ展示観察センターがある。
          By ウィキペディア     


        IMG_7143.jpg

        IMG_7145.jpg

        IMG_7147.jpg

        IMG_7150.jpg

        IMG_7155.jpg

        IMG_7157.jpg

        IMG_7160.jpg

        IMG_7163.jpg

        IMG_7165.jpg

阿寒湖を半周したところに、目的地であるマリモが展示してある「チュウルイ島」がある。

        IMG_7169.jpg

チュウルイ島のマリモ展示観察センターについての記事は、次の機会にしよう。



住職ノート
7月常例法座のご案内
梅雨末期の大雨。
心配が続きます。
あたり前のことが、実はそうでなかったと思い知らされた私たちです。
自分の考えはどうなのか、色々な場面で考えたいものです。
あちこちに還付金詐欺の電話がかかったと聞きました。
ご注意を                       合掌

 〇 日時 7月16日(日)午前10時~
 〇 内容 功徳の宝海みちみちて
         煩悩の濁水へだてなし

夏休み一泊子ども会
 〇 8月21日(月)~8月22日(火)
    詳細は、またご案内します。


北海道(No.13)

摩周湖からこの日の宿泊場所へ向かう。
宿泊先は、阿寒湖の湖畔にある「あかん湖 鶴雅ウィングス」。

リゾートホテルとあって、規模も大きく、浴場等も相当凝っている。
当日は、ホテル到着時が日没後だったので、ホテル入口等の写真は撮らなかった。
翌朝、撮影した写真は下のとおり。

        IMG_7118.jpg

        IMG_7119.jpg

また、部屋からの眺めも最高だった。

        IMG_7116.jpg

ホテルのロビーには、木彫の作品があり、北海道に来たなあと思える作品だった。

        IMG_7123.jpg

        IMG_7124.jpg

        IMG_7125.jpg

        IMG_7126.jpg

        IMG_7127.jpg

後は、ホテルの公式ホームページを見てもらえば分かると思う。

          鶴雅ウィングス

宿泊した夜には、アイヌ民族のショーを観賞した。
しかし、残念ながら写真撮影等が禁止されていて、紹介することができない。

        IMG_7112.jpg

        IMG_7113.jpg

これは、ショー終了後の出演者の皆さんが見送りをしている時の状況。

また、ホテルから会場までは、道路の両側にアイヌ民族特有の民芸品を販売している店が並んでいる。

        IMG_7105.jpg

        IMG_7106.jpg

        IMG_7108.jpg

アイヌについて
アイヌは、北海道・樺太・千島列島およびロシア・カムチャツカ半島南部にまたがる地域に居住していた。
母語はアイヌ語。
現在、日本とロシアに居住する。

1878年(明治11年)、
アイヌは、元来は物々交換による交易を行う狩猟採集民族である。
文字を持たない民族であったが、生業の毛皮や海産物などをもって、現在のロシアのハバロフスク地方アムール川下流域や沿海州そしてカムチャツカ半島、これらの地域と交易を行い、永く、このオホーツク海地域一帯に経済圏を有していた。

1855年2月7日(安政元年12月21日)の当時のロシア帝国との日露和親条約での国境線決定により、当時の国際法の下、各々の領土が確定した以降は、大半が日本国民、一部がロシア国民となった。
21世紀初頭の現在、日本国内では、北海道地方の他に首都圏等にも広く居住している。


歴史        
人類学的には日本列島の縄文人と近く、北海道にあった擦文文化を基礎に、オホーツク文化と本州の文化を摂取して生まれたと考えられている。
本州では農耕文化が始まるが、北海道では狩猟採集の文化が継続し、7世紀には擦文文化が始まる。
擦文文化やオホーツク文化はアイヌ文化に影響を与えている。
13~14世紀になると、農耕も開始され、海を渡った大和民族との交易も行われた。

またアイヌからオロッコと呼ばれたウィルタともアイヌは交易していた。
1457年には大和民族アイヌ間でコシャマインの戦いが生じ、勝利した蠣崎氏が台頭した。
蠣崎氏を祖先とした松前藩はアイヌとの交易を独占し、アイヌから乾燥鮭・ニシン・獣皮・鷹の羽(矢羽の原料)・海草や清からアイヌに伝わった衣服(蝦夷錦)などを輸入し、鉄製品・漆器・米・木綿などで支払っていたが、1669年のシャクシャインの戦い後には、交易はアイヌにとって不利な条件となった。
江戸幕府はロシアからの軍事圧力に対抗して蝦夷地を幕府直轄地とした。

明治2年(1869年)、蝦夷地は北海道と改称され、同時に開拓が本格的に開始される。屯田兵や一般の農民が次々と入植し、大和民族人口が増加した。
アイヌ人は「平民」として戸籍制度の中に組み入れられるが、「土人」とも呼ばれ、宗教儀礼や入墨、耳環などアイヌ伝統の文化は「陋習」とみなされた。

同時に「旧土人学校」(アイヌ学校)が各地に設立され、教育は日本語で行われた。
地租改正により大和民族に土地の所有権を奪われて移住を余儀なくされ、アイヌの伝統な生業である狩猟、漁撈も制限される過程で、生活も困窮の道をたどる。
政府は勧農政策を実施し、北海道旧土人保護法では土地の無償下付や農具の給付など優遇制度を実施したが、既に和人がいい土地(この土地ももともとはアイヌのもの)を取得してしまったあとで与えられた土地は農地に適していなかったり、十分農業指導が行われなかったりで、アイヌの人々の生活改善には効果がなかった。
          By ウィキペディア     
  

ここにも書かれているように、アイヌ民族は虐げられ、あるいは蔑まれて苦しい生活を送ってきたことが伺われる。
本土に住んでいるたぬきたちには、思いも及ばぬものだっただろう。
歴史の中にある悲劇に思いを致すとき、もう一度「誰にも平等に扱われる権利」があることを再認識したいと思うたぬきじゃ。
      


北海道(No.12)

ひがしもこと公園を後にした、たぬきは、摩周湖に向かう。
途中、車窓越しには、「屈斜路湖」が見える。

        IMG_7076.jpg

        IMG_7078.jpg

        IMG_7080.jpg

        IMG_7079.jpg

        IMG_7081.jpg

屈斜路湖に浮かぶ島は、「中島」という。

屈斜路湖(くっしゃろこ)は北海道東部、弟子屈町にある自然湖である。
日本最大のカルデラ湖で、全面結氷する淡水湖としても日本最大の面積を持つ。
昭和9年、全域が阿寒国立公園に指定された。

藻琴山、サマッカリヌプリなどを外輪山とする東西約26km、南北約20kmの日本最大のカルデラである屈斜路カルデラの内側に約3万年前に形成された。
日本の湖沼では6番目の面積規模を有し、平均水深は28.4m、カルデラ湖としては浅いほうだが、東南部にある旧噴火口にある最深部では117mになる。

湖中央部には、日本最大の湖中島である中島(面積5.7km2、周囲12km)が浮かぶ。
中島は直径約1.4kmのタフリングを持っており、その中に貫入している溶岩円頂丘が最高点(355m)となっている。
南岸には和琴半島が突出する。
中島と同様、火山の山頂が湖中島になったものであったが、尾札部川の扇状地から成長した砂州により陸繋島となった。

周囲から小河川が流入し、南端から釧路川が流れ出す。
河川からの流入は、湖に入る全水量の20パーセントほどで、残りは地下から湖底に入っている。

道北にあるクッチャロ湖とは、呼び名が似ていることから混同されがちであるが、全くの別物である。
ただし、語源は同じである(アイヌ語のkut-char(沼の水が流れ出る口))。
          By ウィキペディア        


車窓から見るだけだが、素晴らしい景色だ。

そして、摩周湖に到着。
摩周湖の展望台付近には、蝦夷桜が咲いていた。

        IMG_7095.jpg

摩周湖は、透明度の高い湖として有名だが、ここからでは、それがどんなものか分からない。

        IMG_7097.jpg

        IMG_7099.jpg

        IMG_7098.jpg

摩周湖(ましゅうこ)は、北海道川上郡弟子屈町にある湖。
日本でもっとも、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖である。
2001年には北海道遺産に選定された。
急激に深くなっていることとその透明度から青以外の光の反射が少なく、よく晴れた日の湖面の色は「摩周ブルー」と呼ばれている。

北海道東部、阿寒国立公園内に位置する。
日本の湖沼では20番目の面積規模を有する。
約7000年前の巨大噴火によって生成された窪地に水がたまったカルデラ湖であり、アイヌ語では「キンタン・カムイ・トー(山の神の湖)」という。
摩周という名の由来は「カムイシュ」(神老婆)や「マシ・ウン・トー」(カモメの湖)など諸説あるが不明(なお摩周湖にカモメは生息していない)。
湖の中央に断崖の小島カムイシュ島がある。
周囲は海抜600m前後の切り立ったカルデラ壁となっており、南東端に「カムイヌプリ(神の山)」(摩周岳・標高857m)がそびえている。
湖内は阿寒国立公園の特別保護地区に指定されており、開発行為や車・馬・船の乗り入れは厳しく規制されている。

流入・流出河川がない閉鎖湖であり、周辺の降雨が土壌に浸透した後十分にろ過されて流入するため有機物の混入が非常に少なく生活排水の影響もないためリン酸塩の流入もない。
夏季の気温・水温が低いこともこの一帯の有機物の分解が進まない原因となっている。
また、湖面への直接降雨には大気汚染の影響が忠実に反映されるため、湖水は地球の環境変化を知るモニタリングの対象となっている(中国での農薬の使用状況や亜硫酸ガス濃度の推移も確認されている)。
河川の出入りがないにもかかわらず年間を通じて水位の変動が少ないことから、近隣に伏流水が流れ込んでいると考えられた。
調査の結果、伏流水は湖の南東8キロにあるさけますセンター虹別事業所近辺の他に、多和平などにも伏流しているとみられている。
しかし、神の子池の水源は摩周湖本体ではなく、外輪山への降水が水源となっていると考えられている。
          By ウィキペディア      


摩周湖は、神秘的な湖の様相を呈し、何となく近寄りがたい感じがした。
今度来る時は、摩周ブルーといわれる素晴らしい湖面を見てみたいものだと思った、たぬきじゃった。



QRコード作成
写真・画像のWEB加工