重職(その3)

難しいことを2日に亘って書いてしまった。
今日は、それを分かりやすいようにしておこうと思う。
解説は、以下のとおりじゃ。


重職心得箇条

 一 ふさわしい威厳が必要である。

 二 自分の好みでない部下をこそ尊重して使え。

 三 時に応じて、改めるべきことを改めよ。

 四 前例や規則にとらわれてはいけない。

 五 チャンスを逃してはならない。

 六 渦中に飲み込まれてはならない。

 七 無理強いや押しつけをしてはならない。

 八 忙しいと言ってならない。

 九 託された重大な権限を自ら執行せよ。

 十 目先のことにとらわれてはならない。

十一 広く大きな心を持て。

十二 他人の意見にも謙虚に耳を傾けよ。

十三 部下同士の調和に心を配れ。

十四 仕事に手をかけすぎてはいけない。

十五 裏表があってはならない。

十六 公開すべき情報は公開せよ。

十七 部下の気持ちを明るく保たなければならない。

こんなふうに書けば、誰にも分かりやすくなる。
重職でなくても、心得たいものだ。

因みに、これは、聖徳太子の「十七条の憲法」擬して十七箇条に説かれてあるということのようだ。



   DSC01718_convert_20110228195331.jpg




住職ノート

2月後半の法語です。


   DSC01712_convert_20110226184724.jpg


テーマ : ブログや日記 - ジャンル : ブログ

QRコード作成
写真・画像のWEB加工