シジミ漁(宍道湖)

少し早起きをして宍道湖岸に出てみると、宍道湖名物のシジミ漁が見られる。
宍道湖のシジミは、全国の漁獲量の約4割だというから、宍道湖のシジミが有名なのも頷ける。

宍道湖では、資源保護のため毎週水曜、土曜、日曜日が休漁日になっており、漁獲量も1日当たり90㎏と上限が定められている。
また、漁場も決められており、今朝のように近くでシジミ採りが見られることもある。



   DSC02369_convert_20110531154436.jpg     DSC02372_convert_20110531154509.jpg


この写真のように、早朝のシジミ採りは宍道湖の風物詩でもあり、温泉街に宿泊する人たちの目を楽しませてくれる。
今朝は、どんよりとした雲に小雨交じりというコンディション。
晴れた日には、湖面にシジミ採りの舟が浮き上がり、旅情を誘う景色になる。

水の都に相応しい風景だと、宍道湖を見ながらいつも思うたぬきじゃ。




テーマ : ブログや日記 - ジャンル : ブログ

QRコード作成
写真・画像のWEB加工