時間使いの達人(その3)

さて、昨日まで書いた三つのことを覚えているだろう。
今夜からは、そのことについて詳しく書いていくこととしよう。

1 時間の無駄を無くす
  そのためには、会議の終了時間を決めておこう。

  時間の無駄を無くすための一案として、打ち合わせや会議は、あ
 らかじめ終了時間を決めておくことを提案したが、具体的には何
 が期待できるのだろうか?
  それは、

 ① 会議に遅れてくる人がいなくなる
   会議に遅れてくる人には「どうせ会議は延び延びになるのだか
  ら、少しぐらい遅れたって大したことはない」という気持ちが、どこ
  かにあることは否定できない。
   そして、その本人は「遅れた時間は、たったの3分だ」と思って
  いるかもしれないが、その人を待っている人が10人いたとする
  と、全体で30分という時間が無駄になってしまうことになる。
   しかし、終わりの時間を決めることで、それをまもるためには始
  めの時間もしっかり守らなければならないという意識をみんなが
  持つようになり、会議の開始時間も正確になるのだ。

  ② 会議の内容を書くことができる
    終わりの時間が、決められることで必然的に会議に集中する
   ことになる。
    そして、会議に集中するためには、会議の前に必要な資料を
   配っておくというような知恵も生まれる。
    つまり、会議が始まってから資料を配ったり、みんなが揃っ
   たところで「今日の議題は・・・」というようなことをしていたので
   は、会議の時間がどんどん短くなってしまう。
    会議の終了時間をあらかじめ忌めておくことで、これまで1時
   間かかっていた会議を30分で終わらせることも可能になってく
   る。

  ③ 会議の予定を立てることができる
    決めた時間どおりに会議が終わることが分かっていれば、次
   にどんな仕事の予定を入れても安心だ。
    このように、時間の無駄を無くす仕事術を工夫することで、能
   率も上がり、求心力も増し、リーダーとしての評価も高くなる。



     P1040057_convert_20120630201110.jpg


     P1040058_convert_20120630201146.jpg


     P1040059_convert_20120630201303.jpg


     P1040060_convert_20120630201346.jpg


     P1040061_convert_20120630201458.jpg









テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

QRコード作成
写真・画像のWEB加工