西宗寺墓苑見学会

昨日(7月31日)は、西宗寺の裏にある墓苑の見学会を計画した。
そのために、7月は地元紙の山陰中央新報に広告を掲載した。

たぬきたち、一部のお寺の役員で受付場所の設営や役割分担等を決めて、お寺の前にはテントを張り、午前8時ころから待機し、万全を期していた。

        IMG_7917.jpg

        IMG_7915.jpg

広告の効果で多くの見学の人たちを想定していた。
浄土真宗の方ならいいが、他宗派の人が来たら、どう対処しようか。
そうであればある程度、区画をまとめた方がいいかもしれない。
などの意見も出された。

午後6時まで待っていたが、残念ながら訪れる人もなく、見学会は空振りに・・・
「取らぬたぬきの皮算用」とは、よく言ったもので、企画に携わった、たぬきも大きな責任を感じた。

反省会では、お金はかかっても継続して広告を出すべきとの意見や、門徒さんが知人等に個別に宣伝した方が効果的との意見もあり、今後の課題として検討することになった。
予算がふんだんにあれば、頻繁に広告も出せるのだろうが、決まった予算の範囲内でのこと、厳しいものがある。
いずれにしても、これを教訓に何とかしていくこととしている。



住職ノート

暑い暑いと独り言の7月も今日で終わり。
全国では熱中症が毎日報じられています。
坊守(寺の奥さんのこと)の父が、7年前に亡くなってから初めて私も意識するようになってきました。
ついつい無意識のうちに我が姿を忘れて働きに夢中になること、気をつけたいものです。

昨日は、西宗寺では墓苑見学会を、開催しました。
朝早くからたぬきさんを含め役員の方がテント張りから準備をしてくださいました。
結果的には寂しい限りでしたが、寺からの発信、活動の一端になったのではと思うことです。
与えられたことに安住するのではなく、地道に歩を進めようと思うことです。

今日(31日)は山陰教区の主催として、自死の問題を研修することにしています。
ライフリンクの清水康之氏をお呼びして、100名の門信徒、僧侶が参加して意識を高めることにしています。
私が講師を推薦した手前、しっかりと学ばねばと考えることです。

8月は原爆記念日、終戦記念日、お盆と命を考える月です。
 「亡き人に 迷うなと拝まれている この私」
を標語にしました。
いま生きている、生かされている私の姿、命をしっかりと考えたいものです



QRコード作成
写真・画像のWEB加工