インド紀行(No.18)

王舎城南門を出発したのは、到着して4分後の9:32。
このまま、ブダガヤへ向かうことができる。
そんな思いをしていた矢先、インド陸軍の射撃訓練で道路閉鎖。

        IMG_8680.jpg

何故、こんなところで道路が閉鎖されるのだろう。
写真を見れば分かるだろうが、道路には簡易な鉄条網と銃を持った兵士がいる。
日本ではありえない風景だ。
添乗員さんの話では、15分ばかり待てと言っているようだが、どのくらいかかるか分からないとのこと。
心配しながら待っていた。
20分余り待たされて、やっとバスが出発した。

出発してから軍隊の射撃場とやらを見ると・・・

        IMG_8682.jpg

        IMG_8685.jpg

何とまた、信じられない風景だ。
兵士らは、道路を越えて反対の山の斜面に向け射撃していたようだ。
なんと、これがインドか、と思う反面。
こういったことが許されるのもインドか。
たぬきは、そんな思いをしたが、読者の皆さんはどう思われるだろうか?

しかし、せっかく来たインドで、こういうアンビリバボーのインドを見ることができた、たぬきたちはラッキーだったかもしれない。

そして、バスはブダガヤに向かって行く。
途中、撮影した景色をここに掲載しておこう。

        IMG_8686.jpg

        IMG_8693.jpg

        IMG_8692.jpg

        IMG_8694.jpg

        IMG_8686.jpg

        IMG_8691.jpg

        IMG_8693.jpg

        IMG_8692.jpg

        IMG_8694.jpg

ひたすら農村地帯を走る。
そして、高地へ向かう。

        IMG_8707.jpg

        IMG_8708.jpg

        IMG_8713.jpg

        IMG_8710.jpg

        IMG_8714.jpg

        IMG_8717.jpg

        IMG_8722.jpg

        IMG_8720.png

今は、こんなところをバスが走っているようだ。

さて、今日はこのくらいにしておかないと、写真が多くてブログがアップロードできないかもしれない。

つづきは、また次回・・・        





QRコード作成
写真・画像のWEB加工