忘年会シーズン

12月になると、いろいろ理由を付けては「忘年会」をする。
この1年間、忘れたいことも、忘れたくないこともあった。
忘年会はそれら、1年間の集大成としてのものと考えればいいのだろう。

忘年会も職場や友人、その他で数回にも及ぶ。

酒を酌み交わしながら語り合うのもいいものだが・・・
ついつい羽目を外してしまう。

そう、注がれるままに杯を重ねてしまうのだ。
幸いなことに、悪酔いしたり、酔狂したりすることはない。

楽しく飲めば、酒宴も盛り上がる。
酒に飲まれないように心すべき!

「年末にその年の慰労を目的として執り行われる宴会」という意味付けでは台湾の尾牙、中華人民共和国の年夜飯、大韓民国の送年会など、東アジア圏における共通の文化を見出すことが出来るが、英語文化圏においてはクリスマスと対比させた非宗教的な行事と理解されており、英語としてYear End Party、Forget Year Partyなどのほか単純にBounenkaiなどが充てられているように、日本固有の文化として考えられる場合が多い。

忘年会は自発的結社によって担われる納会型のもの、私的交友関係や家族間で執り行われる年わすれ型のもの、戦後急激に伝播した企業忘年会型のものなど様々な形態がある。

     ウィキペディア




     DSCF1708_convert_20111203172349.jpg



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工