青春

「青春とは心の若さである。信念と希望にあふれ、勇気にみちて日に新たな活動を続けるかぎり、青春は永遠にその人のものである」
これは、松下幸之助氏の好きな言葉だったようだ。

元の詩は、アメリカの詩人サムエル・ウルマンの「Youth~青春とは~」にある。

そして、この詩の冒頭は「青春とは人生のある期間をいうのではなく、心の様相をいうのだ」という言葉で始まる。

ここにあるような青春とはなんだろうかと考えてみると、普通の人は随分昔のこと、若い時のことを思い出すのだろう。

松下幸之助氏が言っているように、何歳になっても常に前向きに歩んでいくことこそが、本当の人生かもしれない。
ところが、人間というのは易きに流れるのが常。
たぬきなどは、その典型的な例だ。

何歳になっても、今が青春だと言えるようなそんな日々を送りたいものだ。




     DSC04940_convert_20111216201833.jpg



関連記事

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工