仕合わせ

「生きがい」を実感できた時、人は「幸せ」を感じる。
一説によると、仕事をすることから得ることができる「幸せ」は、人のために仕事をして、人も喜び自分も喜ぶ。
両者の気持ちが一つに合わさるということから、「仕合わせ」というらしい。

仕事で生きがいを感じるためには、当然のこととして努力によって成果を上げることが必要だ。
組織で成果をあげる近道は、それぞれが自分の幸せだけでなく、人との共鳴による「仕合わせ」を考えて行動することだろう。

そして、組織を円滑に運営するためには、上司と部下の信頼関係が重要だ。
指導者たるべき上司には、資質や指導面において多くのことが求められるものだ。

語り継がれる名言や諺の中で、指導者のあるべき姿を語る言葉は数多くある。
現代でもその内容には、学ぶべきところが多い。

たぬきも参考にして生きたいものだ。




     DSC04949_convert_20111220213245.jpg



関連記事

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工