七草

昨日は、七草。
七草粥を食べた。

春の七草は、
せり(芹)~Water dropwort
なずな(薺)~Shepherd's Purse
ごぎょう(御形)~Cudweed
はこべら(繁縷)~chickweed
ほとけのざ(仏の座)~Nipplewort
すずな(菘)~Turnip
すずしろ(蘿蔔)~Radish

だ。

これらの食材を入れたお粥(七草粥)を食べるのが、七草の定番だ。

この7種の野菜を刻んで入れたかゆを七草がゆといい、邪気を払い万病を除く占いとして食べる。
呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もある。

七種は、前日の夜にまな板に乗せて囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。囃し歌は鳥追い歌に由来するものであり、これは七種がゆの行事と、豊作を祈る行事が結び付いたものと考えられている。
歌の歌詞は「七草なずな 唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、合わせて、バタクサバタクサ」など地方により多少の違いがある。

七草(ななくさ)は、人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った粥を食べる風習のこと。
本来は七草と書いた場合は秋の七草を指し、小正月1月15日のものも七種と書いて「ななくさ」と読むが、一般には7日正月のものが七草と書かれる。
現代では本来的意味がわからなくなり、風習だけが形式として残ったことから、人日の風習と小正月の風習が混ざり、1月7日に「七草粥」が食べられるようになったと考えられる。
    ウィキペディアより


これも日本の風習の一つだ。
七草が来ると、このあたりで正月気分を忘れ、新たな年をしっかり踏み出せと言われているような気がする。
今年も前向きで行こう。
そんな思いをさせてもらった1日だった。




     DSCF1788_convert_20120107211140.jpg



     DSCF1789_convert_20120107211216.jpg



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工