清水寺(安来市)

今日も雨が降ったり止んだりのあいにくの天気だった。
買い物に出たついでに、少し距離はあったのだが、清水寺に行ってみた。

京都の清水寺ではなく、島根県の東端の安来市にある清水寺。
このお寺に行ったのは、20数年ぶりになるかもしれない?

広大な山に点在するお堂や五重塔。
天台宗の古刹。

清水寺(きよみずでら)は、島根県安来市にある天台宗の寺。
山号は瑞光山。中国観音霊場第28番札所、出雲観音霊場第27番札所、出雲國神仏霊場第11番札所。
開山は尊隆上人、本尊は十一面観世音菩薩。

寺伝では用明天皇2年(587年)、尊隆上人により開かれたというが、一時廃れ、大同元年(806年)平城天皇の勅旨を受け、盛縁上人により復興されたという。

その後承和14年(847年)、唐からの帰路立ち寄った円仁(慈覚大師)により光明真言会が創められ、天台宗に帰依したという。

その後幾度かの火災と復興を経て、明徳4年(1393年)にほぼ現在の寺域が定まったが、戦国時代兵火に襲われ根本堂以外の建物は焼失した。
伽藍はその後毛利氏及び松平氏により復興され、加えて安政6年(1859年)には信徒の手により三重塔が建立され、現在の形となった。
     ウィキペディアより


境内にあるお店で、名物の「清水羊羹」を土産に買って帰った。
以前買った時は結構甘かった記憶があったのだが、食べてみると甘さ控えめで食べやすくなっていた。
何となく時代の流れを感じた、たぬきじゃった。




     DSC05195_convert_20120122183740.jpg



     DSC05186_convert_20120122183653.jpg



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工