インターネット法話

昨年12月28日のこのブログで、住職が「築地本願寺で法話」という記事を書いた。
皆さんは覚えておられるだろうか?
今月27日から今日までの3日間、毎日午前と午後の2回。
法話は、いつもされていることだから、どうということはないだろうが、それでも住職が帰ってこられたら慰労会でもしなければいけんかのう。

このことに関連するのだが、今日はインターネット法話について書いてみよう。
築地本願寺のホームページには、「インターネットで聞く法話」というページがある。
ここの配信NO.436に西宗寺の住職の法話が載っているので、是非、下をクリックして聞いてみて欲しい。

     インターネットで聞く法話

表題は、「待つ長さ 過ぎ去る早さ 生きる今」
流石に含蓄のあるお話だった。

このように、インターネットを利用して布教活動をされているお寺は相当あるようだ。
ホームページやブログを立ち上げて、それぞれ工夫をしながら情報発信をされている。
中には、住職の法話をビデオ撮影して、海外に住んでおられる門徒さんに配信しているという話も聞いたことがある。
このようにITが発達すればするほど色々な利用(活用)方法が期待できる。

たぬきも、もう少し勉強をして今後の活用方法を考えるとしよう。




     DSC04568_convert_20120129101341.jpg



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工