バレンタインデー

明日は、バレンタインデー。

バレンタインデーが日本に定着してのは、いつごろだっただろうか。
そんなことを思いながら調べてみると・・・

日本では、1958年ころから流行した。
ただし、その内容は日本独自の発展を遂げたものとなっている。
戦前に来日した外国人によって一部行われ、戦後まもなく流通業界や製菓業界によって販売促進のために普及が試みられたが、日本社会に定着したのは、1970年代後半(昭和50年代前半)であった。
「主として女性が男性に親愛の情を込めてチョコレートを贈与する」という「日本型バレンタインデー」の様式が成立したのもこの頃であった。


とある。
それでは、欧米ではどうだろうか?

ヨーロッパなどでは、男性も女性も、花やケーキ、カードなど様々な贈り物を、恋人や親しい人に贈ることがある日である。
カードには、「From Your Valentine」と書いたり、「Be My Valentine.」と書いたりもする。

欧米では、日本に見られるような、ホワイトデー(バレンタインデーと対になるような日)の習慣はない。

贈り物の種類はさまざまであるが、チョコレートも贈る習慣は、19世紀後半のイギリスではじまった。
キャドバリー社の2代目社長リチャード・キャドバリーが1868年に美しい絵のついた贈答用のチョコレートボックスを発売した。
これに前後して、キャドバリーはハート型のバレンタインキャンディボックスも発売した。
これらのチョコレートボックス等がバレンタインデーの恋人などへの贈り物に多く使われるようになり、後に他の地域にこの風習が伝わっていった。
なお、英語では固形チョコレートはキャンディの一種として扱われることもあるので、この製品のことを「キャンディボックス」と表記している文献もある。


さて、日本ではバレンタイデーが近づくとチョコレート売り場の人気チョコは、すぐに売り切れてしまうようだ。
その多くが「義理チョコ」なのかどうかは、たぬきには知る由もない。




     DSC05335_convert_20120213195237.jpg




関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工