桃の節句

明日は、3月3日。
桃の節句だ。
そこで、いつものように調べてみると・・・

上巳(じょうし/じょうみ)とは、五節句の一つ。
3月3日。
旧暦の3月3日は桃の花が咲く季節であることから、桃の節句とも呼ばれる。

「桃の節句」の起源は平安時代より前であり、京の貴族階級の子女が、天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んで健康と厄除を願った「上巳の節句」が始まりとされている。

やがて武家社会でも行われるようになり、江戸時代には庶民の人形遊びと節句が結び付けられ、行事となり発展して行った。
その後、紙製の小さな人の形(形代)を作ってそれに穢れを移し、川や海に流して災厄を祓う祭礼になった。
この風習は、現在でも「流し雛」として残っている。

元々は、5月5日の端午の節句とともに男女の別なく行われていたが、江戸時代ごろから、豪華な雛人形は女の子に属するものとされ、端午の節句(菖蒲の節句)は「尚武」にかけて男の子の節句とされるようになった。
     Byウィキペディア


とある。

ところが、今日のテレビを見ていたら、「桃というのは、昔から邪気を祓うということから桃の節句と言われるようになった」と解説されていた。
ネットで調べてみると、確かにそういう解釈もされている。
面白いのは、邪気=鬼ということから桃太郎伝説が生まれたらしい。

いずれにしてもこの日は、「ひな祭り」とも言われ、女の子の楽しみの日でもある。
このような、よき伝統文化をいつまでも継続していくことが必要だと思う。
日本人であって良かったと思う、たぬきじゃ。




     P1000041_convert_20120302195446.jpg



     P1000038_convert_20120302195407.jpg



上の写真は桃ではなく、梅林の梅の蕾だ。
今年は、寒さの影響で梅の開花も遅れているようだ。




関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工