夫婦円満の極意

今夜は、「夫婦円満の極意」について書いてみよう。

夫婦というのは、元をただせば、余程のことがない限り赤の他人だ。
元々他人同士が一緒になるのだから、色々思うことも増えるわけだが、何事も自分の思いどおりにはいかない。

考えてみれば、血の繋がった親子でも、兄弟でも時には喧嘩もする。
元々血の繋がっていない夫婦、そこには・・・

そうは言っても、出来ることならお互いに添い遂げたいと思うのも事実。

それでは、夫婦円満の極意について

一 相手に譲ること

一 自己主張はほどほどにすること

一 相手を立てること

一 相手をほめること

一 相手へのサービスをおろそかにしないこと

一 相手を非難しないで、自ら批判を求めること

一 自分の社会的プライドを満足させるために、相手の尻を叩かないこと

一 相手の趣味に理解を持ち、妨害しないこと

一 相手を他人と比較しないこと

一 相手の社会的、個人的なプライドを傷つけず、満足させること

一 経済的セルフコントロールを保つこと

一 情緒の安定を維持すること

一 オシャレを忘れないこと

一 相手に過度の要求水準を持たないこと

一 少欲知足、不平をできるだけ抑えること

一 ジョークの心を忘れないこと

一 相手の肉親の悪口を言わないこと


以上の17箇条を実践することができれば、夫婦円満にできるという。

結婚している人はもとより、これから結婚しようと思っている人も是非、覚えておいてほしいものだ。




     P1000062_convert_20120307162849.jpg
     今日の宍道湖~すっかり霞んで対岸もほとんど見えない。


関連記事

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工