北京(その4)

松江では、平年より6日遅れで桜の開花宣言がされた。
開花宣言は、昨年と一緒だったようだ。

それにしても今日は、寒の戻りで寒い一日だった。

それでは、話を本題に戻そう。
北京国際空港に着くと出口には、旅行会社のプレートを持った人たちが沢山いる。
この人たちが、旅行会社が手配した現地係員だ。
そこに、若い女性がたぬきが依頼した旅行会社の名前が書いてあるプレートを持って立っている。
近づくと・・・「○○さん」とたぬきの名前を呼んでくれた。
彼女に案内され、エレベータで地下駐車場へ行く。
駐車場というより、送迎のターミナルといった感じだ。




     P1000325_convert_20120406201317.jpg



彼女が電話をすると、たぬきの待っている場所に黒いワゴン車が横付けした。
その車に乗って、一路北京市内へ向かう。
たぬきには、見るもの全てが珍しく、漢字ばかりのネオンに異国情緒を掻き立てられる。




     P1000327_convert_20120406202458.jpg



     P1000329_convert_20120406202535.jpg



ああ、本当に中国に来たんだな!
まさに、そんな実感にかられた。
これからこの国で過ごす数日間に大きな期待を寄せたたぬきじゃった。




関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工