北京(その7)

久しぶりに、また北京のことを書くとしよう。
ホテルでの朝食は、バイキング。
料理の種類も沢山あり、十分満足できる。
朝食については、後日書くことにして、次へ進むとしよう。

午前9時27分、お迎えのワゴン車に乗り込み、さあ出発。




     P1000383_convert_20120411200340.jpg



北京市は、16,800㎢、これは四国と同じくらいの面積
人口 1.800万人で中国全土では、3番目。1番多いのは四川省の重慶で2,200万人、2番目が上海で2,000万人
ただし、北京市に戸籍があるのは、1,200万人
北京市は、16区と2県からなる。

北京は大陸性気候で、夏は40℃。冬は-10℃になる。
位置は、北緯40度。日本の秋田よりやや北
地震や台風はない。

首都北京の歴史は、60年位。北京の昔の名前は「北平」
60億年前の遺跡から「北京原人」の骨が発見された。

環状道路が、6路線ある。
中国は、車優先。横断歩道でも人は危険!
車は、市内に500万台
車のナンバーがなかなか手に入らず、ナンバーを買うと2万元
市内のマンションの価格は、1㎡あたり3万元(だから、若い人がマンションを買うことは不可能)

と、ガイドさんが説明してくれた。




     P1000396_convert_20120411195013.jpg



     P1000398_convert_20120411195115.jpg



     P1000401_convert_20120411195215.jpg



北京市内は、多くの車でごったがえしている。
そんなことから、ナンバープレートの末番により、日にちごとに市内で走れない車が指定されている。
この日は、“4”と“9”




     P1000404_convert_20120411195313.jpg



     P1000411_convert_20120411195421.jpg



これは、2008年の北京オリンピックの時に建てられたビルで、遠くから見ると聖火の形をしている。



     P1000412_convert_20120411195527.jpg



これは、オリンピックのメイン会場になった通称「鳥の巣」



     P1000414_convert_20120411195631.jpg



     P1000417_convert_20120411195732.jpg



発展している北京市内を見ながら一路「頤和園」へ・・・



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【北京(その7)】

久しぶりに、また北京のことを書くとしよう。ホテルでの朝食は、バイキング。料理の種類も沢山あり、十分満足できる。朝食については、後日書くことにして、次へ進むとしよう。午前9時27分、お迎えのワゴン車に乗り込み、さあ出発。北京市は、16,800
QRコード作成
写真・画像のWEB加工