花の儚さ

つい先日まで咲いていた桜も、終わってしまった。
花の命の儚さを感じる。

林芙美子の詩
「花の命は短くて 苦しき事のみ多かりき」




赤穂浅野藩主辞世の句
「風さそう花よりもなお我はまた春の名残を如何にとかせん」


が、頭をよぎる。

時代を感じる花にまつわる詩や句だ。

そして、忘れてはならないのは、親鸞聖人

「明日ありと思う心の徒桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」  

桜は明日もまだ美しく咲いているだろうと安心していると、その夜中に強い風が吹いて散ってしまうかもしれない。

人生も同じで明日はどうなるかわからないから頼みにしてはいけないという意味。
親鸞聖人が九歳で得度されたときに詠まれたと伝えられている一句だ。

このように、花は人生の儚さや生きていくための指針に例えられているようだ。

たぬきも若い時には、「パッと咲いて、パッと散る人生」を夢見たこともある。
それが、大きな間違いであったことを今感じている。




     P1010573_convert_20120417191604.jpg



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工