荒神谷2000年ハス

1年ぶりに荒神谷へ行った。
荒神谷は、出雲市斐川町にある。
以前にも書いたように、ここは史跡公園になっている。

荒神谷遺跡(こうじんだにいせき)は、島根県出雲市斐川町神庭西谷の小さな谷間にある国指定の史跡である。

「荒神谷遺跡」が正式名であるが、大字名を冠して「神庭荒神谷遺跡」とも呼ばれる。

1983年広域農道(愛称・出雲ロマン街道)の建設に伴い遺跡調査が行われた。
この際に調査員が古墳時代の須恵器の破片を発見したことから発掘が開始された。
1984年 - 1985年の2か年の発掘調査で、銅剣358本、銅鐸6個、銅矛16本が出土した。銅剣は1985年、銅鐸・銅矛は1987年に国の重要文化財に指定されていたが、1998年に一括して「島根県荒神谷遺跡出土品」として国宝に指定されている。
出土品は現在、文化庁が所蔵し、島根県立古代出雲歴史博物館などに保管されている。
遺跡自体は1987年に国の史跡に指定された。斐川町(現:出雲市)が中心となり1995年に遺跡一帯に「荒神谷史跡公園」が整備された。2005年には公園内に「荒神谷博物館」が開館し、出土品の期間展示などが行われている。
現在、出土品は2007年3月に出雲市大社町杵築東に開館した「島根県立古代出雲歴史博物館」に常設展示されている。

銅剣の一箇所からの出土数としては最多であり、この遺跡の発見は日本古代史学・考古学界に大きな衝撃を与えた。
これにより、実体の分からない神話の国という古代出雲のイメージは払拭された。
その後の加茂岩倉遺跡の発見により、古代出雲の勢力を解明する重要な手がかりとしての重要性はさらに高まった。
出土した青銅器の製作年代等については下記の通りであるが、これらが埋納された年代は現在のところ特定できていない。
          By ウィキペディア


荒神谷史跡公園には、2000年ハスと呼ばれる「古代ハス」が、こんなにも綺麗に咲く。



     P1040160_convert_20120701211122.jpg


     P1040166_convert_20120701211222.jpg


     P1040169_convert_20120701211304.jpg


     P1040171_convert_20120701211348.jpg


     P1040173_convert_20120701211431.jpg


ハスの花は、今がちょうど見ごろだ。
しかも、2000年前の種子から発芽したハスが、こんなにも繁殖している。

古代ロマン溢れる出雲地方。

7月21日から11月11日まで「神話博しまね」が開催される。

このような神話のふるさとをぜひ見に来てほしい。

そんなことを思いながら、古代に思いを馳せているたぬきじゃ。









関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工