感じる天気

今夜は、少し話題を変えよう。

梅雨真っ盛りの山陰地方だが、今日は肌で感じるような湿っぽい天気だった。
それもそのはず、湿度が80%を超えていた。

雨も降っていないのに、山々が霞んでいて見えない。



     P1040291_convert_20120713193935.jpg


     P1040292_convert_20120713194012.jpg


松江城もすっかり、霞んでいる。

梅雨の末期。
九州では、大雨が降り続き、大きな被害が出ている。

また、新聞によると気象庁は、「恐怖を感じる猛烈な雨」と定義し、「これまでに経験したことのないような大雨になっている」と指摘したとある。

確かに、ニュースを見てもその被害の甚大さが分かる。
いくら科学技術が発達しても次から次へと発生する災害に打つ手がないのだろうか。

そして、未曽有とか想定外といわれるような災害が毎年のように発生する。
どこにその要因があるのだろうか?
地球温暖化によるものなら、人間が長年に亘って自ら造りだした負の産物だ。

毎年起こる異常気象を見るとそんな思いが強くなる。

少しでも地球環境のことを思い、エコに徹したいたぬきじゃ。









関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工