隠岐へ2012(その6)

たぬきの友人が西ノ島に住んでいる。
しかも住んでいる場所が、トレーラーハウスというから何ともユニークだ。
そのトレーラーハウスにお邪魔してみた。



     P1040493_convert_20120728063236.jpg


その人は、大手企業を退職した後、故郷の西ノ島に移り住み、本土の自宅とここを行ったり来たりするという、悠々自適の生活を送っている。
そういう生活は、たぬきにとって何とも羨ましい限りだ。

ここには、トレーラーハウスが2棟(台?)木造ハウスが1棟。
そして、陸揚げされたクルーザーが1隻ある。



     P1040494_convert_20120728063311.jpg


     P1040495_convert_20120728063351.jpg


     P1040492_convert_20120728063154.jpg


なんと、人目を引く場所だろうか。
トレーラーやクルーザーには、電気も引いてありエアコン完備で快適に居住できるようだ。

所有者の友人に聞いてみるとカフェレストランと間違えて尋ねて来る観光客もいるらしい。
確かに、このような状態を見ると米国にあるような風景にも見える。

ともあれ、ここからは、浦郷湾が一望できる絶好の立地条件で、四季を通じて対岸の赤尾や鬼舞に沈む夕日が見られる。

一度ここで、一夜の宿を過ごしてみるのもいいのかもしれないと思った、たぬきじゃった。









     
関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工