京都へ(その3)

神聖な入学式に出席するために京都へ行ったのだが、昨日は、「川床で一杯」などと不謹慎なことを書いてしまって、今日は反省しきりのたぬきだ。

入学式当日は、早朝5時に起床。
ホテル界隈の散策に出た。
河原町の大通りを行きかう人も車もまだ少ない。
目的もなくぶらぶらと歩いていると、路地の入口に「本能寺」と書かれた照明看板がある。


     P1060908_convert_20120906194604.jpg


京都の本能寺といえば、織田信長が明智光秀の謀反により殺害された場所だ。
「こんなところに・・・」と思いながら、路地を入っていくと大イチョウの木がある。
そして、その奥には大きな本堂。


     P1060910_convert_20120906194642.jpg


よくよく観察してみると、どうも、たぬきが入っていった路地は、本能寺の裏口だったようだ。

また、本堂の裏にあたる場所には織田信長の廟もあり、戦国時代の情景が目に浮かぶ。


     P1060916_convert_20120906194831.jpg


そんなことを思いながら、ふと気が付くと本堂から読経が聞こえる。
朝のおつとめをされているようだ。
本堂へ上がる階段の下には、檀家の人たちのものか、数足の履物が脱いである。


     P1060912_convert_20120906194719.jpg


     P1060914_convert_20120906194755.jpg


どこのお寺でも、このように朝のおつとめをされているのだろう。

次回、京都を訪れたら西本願寺の朝のおつとめに行こう。
そう思いながら、本能寺を後にした、たぬきじゃった。









関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工