重陽(ちょうよう)

9月9日は、重陽(ちょうよう)。
重陽の節句とも呼ばれ、昔は菊の花びらを浮かべて酒を飲んだりしていたようだ。

桃の節句とか端午の節句は、たぬきにもなじみがあるのだが、重陽の節句はあまり聞いたことがない。
というより、たぬきが知らないだけだったのかもしれない。

そこで、ウィキペディアで調べてみた。

重陽(ちょうよう)は、五節句の一つで、9月9日のこと。旧暦では菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれる。

陰陽思想では奇数は陽の数であり、陽数の極である9が重なる日であることから「重陽」と呼ばれる。
奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされ、それを払う行事として節句が行なわれていたが、九は一桁の数のうち最大の「陽」であり、特に負担の大きい節句と考えられていた。
後、陽の重なりを吉祥とする考えに転じ、祝い事となったものである

邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わして祝ったりしていた。
また前夜、菊に綿をおいて、露を染ませ、身体をぬぐうなどの習慣があった。現在では、他の節句と比べてあまり実施されていない。


他にも節句はあるようなので、調べてみるのもいいかもしれないのう。



     P1060806_convert_20120909210814.jpg


     P1060807_convert_20120909210851.jpg








関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工