新聞

新聞紙の上と下がギザギザになっているのは何だろう。
そんなことを思ったことはないかな?

これには、それなりの理由があるようだ。

新聞紙は、輪転機に何重にも巻かれていて、それを回転しながら新聞紙の大きさに裁断される。
分厚い用紙の束を正確な寸法に切りそろえるには、まっすぐな刃よりギザギザした刃の方が滑りにくく狂いが少ないのだ。

そこで、裁断機にギザギザの刃を採用したため、切り口である新聞紙の上下にギザギザの刃型が残っている訳だ。

本当は、真っ直ぐ裁断してほしいかもしれないが、そんな理由があるようだ。
人の人生もギザギザに生きるか、真っ直ぐに生きるか?かもしれない。

しかし、自分で選択できないのが、人生だろう。
そのような人生なら、いま思いつくべきことがあるのではないだろうか?
いずれ死して行く身なのだから・・・



     DSCF2656_convert_20121004215152.jpg


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工