万里の長城

今年の春、たぬきは中国へ行き、万里の長城にも昇ってきた。
3月の下旬だったが、比較的気候にも恵まれて、長城の坂を上ると汗ばむようだったことを思い出す。
北京から比較的近い「八達嶺長城(はったつれいちょうじょう)」と呼ばれるところだ。



     DSCF2167_convert_20121106201837.jpg


     DSCF2214_convert_20121106201915.jpg


標高の高い山の稜線に添うように城壁が続いている。
たぬきが訪れた長城は、しっかりと整備されており、危険を感じるようなことはなかった。

昨日、日本人の登山愛好家と思われる高齢者の人が、万里の長城で遭難して、3名の方が亡くなったというニュースが流れた。
突然の大雪に見舞われ、なすすべもなかったようだ。
この大雪をもたらせたのは、「寒冷渦」と呼ばれる寒気団だったらしい。
これは、寒冷低気圧ともいうようだが・・・

たぬきが撮影した写真を見てもらうと分かるだろうが、高い山の稜線を縫うようにして築かれた城壁だが、きちんと整備されているところならまだしも、未整備のところは荒れ放題のようだ。

寒波を凌ぐような場所もなく、寒風にさらされて亡くなった人のことを思うと心が痛む。
二度とこういう事故が起こらないように祈るばかりだ。




住職ノート
報恩講法座のご案内

私たちの宗祖、親鸞聖人に報恩感謝する浄土真宗の門徒としての大切な法座です。
ご家族一人ひとりがご縁を結ばれますよう、ご案内いたします。

日時 11月17日(土) 夜席7時半~
               住職法話
    11月18日(日)  朝席10時~
              昼席1時半~

    お斎を用意しています

講師 温泉津町 龍蔵寺住職
    石井 義則 師



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工