ユネスコ無形文化遺産

昨日の夜は、昨年ユネスコの無形文化遺産登録がされて1周年となった松江市の「佐陀神能」などが見られるというので、島根県民会館へ行った。

「受け継がれる神々の舞」という名称で、
  岩手県花巻市の「早池峰神楽」~平成21年ユネスコ登録
  広島県北広島町の「壬生の花田植」~平成23年ユネスコ登録
が披露され、最後に「佐陀神能」の舞。

いずれもユネスコの無形文化遺産に登録されたものということで、多くの観客で賑わった。

伝統芸能をいかに継承していくかが今後の課題。

それぞれの代表者の方たちが、次世代にしっかりと繋いでいく必要性を強調されていたのも印象的だった。

日本でユネスコに登録されているのは、次のとおり
 2001 能楽 芸能
 2003 人形浄瑠璃文楽 芸能
 2005 歌舞伎
 2009 雅楽
 2009 小千谷縮
 2009 越後上布
 2009 石州半紙
 2009 日立風流物
 2009 京都祇園祭の山鉾行事
 2009 甑島のトシドン
 2009 奥能登のあえのこと
 2009 早池峰神楽
 2009 秋保の田植踊
 2009 チャッキラコ
 2009 大日堂舞楽
 2009 題目立
 2009 アイヌ古式舞踊
 2010 組踊
 2010 結城紬
 2011 佐陀神能
 2011 壬生の花田植
 2012 那智の田楽


会場では、写真撮影が禁止されていたので、パンフレットの表紙を掲載しておこう。



     img060_convert_20121223160801.jpg


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工