常例法座(2013.1)

今日は、本年最初の常例法座。


     P1090407_convert_20130116162140.jpg


本日の常例法座は、
 「拝読 浄土真宗のみ教え」
   浄土真宗の救いのよろこび
の拝読。

  「正信念仏偈の意訳~しんじんのうた」
の読誦。


     P1090411_convert_20130116162345.jpg


そして、住職の法話は、
 「阿弥陀如来様のひかりについて」
 「亀井勝一郎さんのことば」
   人間が宗教的になると
    今まで見えなかったものが見えてくる。
    今まで感じないものが感じられる。
    当たり前のようなことが驚きとなってきた。
などを具体的な事例を交えながら話をされた。


     P1090414_convert_20130116162421.jpg


     P1090421_convert_20130116162456.jpg


法話の後は、皆さんが持ちよったお菓子や漬物、干し柿などで茶話会。
それぞれが近況を話したり、お寺からの連絡事項を伝えたりと和やかな時間を過ごした。

最後に「恩徳讃」を歌唱して法座が終了した。



住職ノート
先日、西本願寺ご正忌報恩講に4人の方々とお参りし、心引き締まる思いでした。
751年前親鸞さまはこの寒さの中で、お念仏の中で御往生なさった事を思えば、また当時の熱心に求道されていた門信徒を偲べば、現代に生きる私たちのなんと横着で、我が儘なことよとわが身を振り返ったことでした。
それにしても、毎年何人かの方がお参りして頂くことにうれしく、今後もつながって行けばと思うことです。

今月、後半の掲示は「人間 思い通りになったら 何処まで 堕落するであろう」としました。
京都に行き、日々の生活の中で、手ですることを、足でするようになっている私ではないか、鈍感になっている私ではとおもってのことです。
こころしていきたいものです。

1月後半の法語です。


     P1090405_convert_20130116162059.jpg
        



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工