タイ・上海(その41)

     P1080770_convert_20130126121523.jpg


     P1080771_convert_20130126121558.jpg


ワット・プラケオの入口に到着すると既に多くの人たちで賑わっている。
ここで、入場券を購入してから寺院の中に入る。

ワット・プラケオの正式名は、「ワット・シーラッタナーサーサダーラーム」というようだ。

ワット・プラシーラッタナサーサダーラーム(英語:Wat Phra Sri Rattana Satsadaram、タイ語:วัดพระศรีรัตนศาสดาราม)はタイのバンコク・プラナコーン区にある仏教寺院。
王宮の敷地内にある。
その本尊から、通称ワット・プラケーオ(英語:Temple of the Emerald Buddha、タイ語:วัดพระแก้ว)。
エメラルド寺院の名で知られる。

王宮の宮殿郡と接し、本堂にはエメラルド仏(プラ・ケーオ)が安置されている。
王室専用の仏教儀式の場であるため僧侶がおらず、僧侶が生活する庫裏などの施設がない。
普段は観光地になっており、内外から毎日たくさんの旅行客が訪れる。

1784年ビルマ軍に備え、ラーマ1世がトンブリ王朝をクルンテープ・マハナコーンへ移されるのと同時に、当時の建築技術を最大限に利用して建設された。
          By ウィキペディア



     P1080773_convert_20130126121637.jpg


     P1080777_convert_20130126124400.jpg


     P1080780_convert_20130126124436.jpg


     P1080781_convert_20130126124512.jpg


上の写真の像は、タイでよく見かける。
そこで、何だろうかと思い、調べてみた。

夜叉(やしゃ、梵:यक्ष yakṣa、パーリ語:ञक्ख yakkhaの音写、訳:暴悪・捷疾鬼・威徳、別名薬叉)は、古代インド神話に登場する鬼神。のちに仏教に取り入れられ護法善神の一尊となった。

一般にインド神話における鬼神の総称であるとも言われるが、鬼神の総称としては他にアスラという言葉も使用されている(仏教においては、アスラ=阿修羅は総称ではなく固有の鬼神として登場)。

夜叉には男と女があり、男はヤクシャ(Yaksa)、女はヤクシーもしくはヤクシニー(Yaksni)と呼ばれる。
財宝の神クベーラ(毘沙門天)の眷属と言われ、その性格は仏教に取り入れられてからも変わらなかったが、一方で人を食らう鬼神の性格も併せ持った。
ヤクシャは鬼神である反面、人間に恩恵をもたらす存在と考えられていた。
森林に棲む神霊であり、樹木に関係するため、聖樹と共に絵図化されることも多い。
また水との関係もあり、「水を崇拝する(yasy-)」といわれたので、yaksya と名づけられたという語源説もある。
バラモン教の精舎の前門には一対の夜叉像を置き、これを守護させていたといい、現在の金剛力士像はその名残であるともいう。

インド神話において鬼神だった神々は大日如来によって仏教に包括されると、概ね8つの部族に分けられ天界に住し、仏界を守護する護法善神になった。
仏教において天界に住む神々のうち、夜叉、天、龍、阿修羅、乾闥婆、緊那羅、迦楼羅、摩睺羅伽の8部族は天界の守護法神の要として八部衆と尊称される。
八部衆での立場役割は、毘沙門天の眷属として羅刹と共に北方を守護する。
また夜叉には、天夜叉・地夜叉・虚空夜叉の三種があり、地夜叉以外は飛行するという。

なお八部衆以外にもインド神話から仏教に包括された神は数多いが、仏教では善の仏となった神々もインド神話においては悪鬼であった者が多く、例えば金剛夜叉明王、大威徳夜叉明王等、夜叉の名前を冠する仏はインド神話では悪鬼神だったことが分かる。
仏教には他にも夜叉神として鬼子母神(別名大薬叉女〈だいやくしゃにょ〉)・荼枳尼天などが知られている。

大乗仏典(3世紀)以降、夜叉はその鬼神としての残虐な性格が強調されることとなり、恐ろしい地獄の獄卒とも見られるようになった。
だが、同時に薬師如来の十六大薬叉大将や釈迦八部衆の一に数えられ、仏法の守護者としての性格も保持したまま現在に至っている。
現在も人殺しや非道な行いをする者を夜叉と形容することから、日本においても夜叉という言葉自体にはインド神話における本来の悪鬼という性格が色濃く残っていることがわかる。

スリランカではヤカー(Yaka)という病魔とされ、王にマハーコーラ・サンニ・ヤカー(Mahakola Sanni Yaka)がいるとされる。

タイのヤック
タイでは、ヤック(ยักษ์)と呼ばれ、緑色と赤色の対になった巨大な像が寺院等の門にしばしば置かれている。
          By ウィキペディア



     P1080783_convert_20130126124632.jpg
      プラ・シーラッタナチェーディーという仏舎利塔


     P1080786_convert_20130126124708.jpg


     P1080787_convert_20130126124746.jpg


     P1080782_convert_20130126124549.jpg
向かって左の建物は「プラ・モンドップ」という経堂で、三蔵経を納めている。


     P1080791_convert_20130126124941.jpg


     P1080794_convert_20130126125021.jpg
     やっと、出会えた「エメラルド仏」


     P1080796_convert_20130126125101.jpg


     P1080797_convert_20130126125137.jpg
贅を尽くしたというにふさわしい、素晴らしい芸術作品じゃった。


     P1080798_convert_20130126125217.jpg


タイの寺院をいろいろ見て感じたのは、古い歴史はもとより、その仏教芸術の素晴らしさだった。



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工