タイ・上海(その57)

外灘の対岸にある上海名物の東方明珠電視塔も霞んで見える。

     
     P1080934_convert_20130220153148.jpg


     P1080944_convert_20130220145716.jpg


東方明珠電視塔(とうほうめいしゅ-でんしとう)は中華人民共和国上海市浦東新区陸家嘴金融貿易区に位置するテレビ塔。

上海テレビ塔、オリエンタルパールタワー、上海タワーとも呼ばれる。

高さ467.9mで、日本の東京スカイツリーが完成するまではアジア第1位、世界ではカナダのトロントにあるCNタワー(553.3m)、ロシアのオスタンキノ・タワーに次ぎ、第3位の高さを誇った。

展望台は3つ、350m(太空艙)、263m(上球体)、90m(下球体)の高さのところにある。

1990年着工、1994年11月完成。総建設費8.3億元。
          By ウィキペディア


絶景地なのだが、遠景が霞んでしまっているのは残念な気がした、たぬきじゃった。
  
     
     P1080945_convert_20130220145749.jpg


     P1080951_convert_20130220145824.jpg


     P1080962_convert_20130220145857.jpg


そんなことを思いながら黄浦江を見ていると警察の船がサイレンを鳴らして河口の方へ向かって行った。


     P1080947_convert_20130220151227.jpg


そして、しばらくすると今度は目の前の大通りをパトカーがサイレンを鳴らして通り過ぎた。
何か事件でもあったのか?
それは、たぬきには知る由もないことだったのだが・・・


     P1080971_convert_20130220151304.jpg


     P1080972_convert_20130220151341.jpg




住職ノート
今月後半の標語はたぬきさんがすでに書いて下さいました。
「病を治す神もあろうが、治らぬままに救われる道がある」としました。
不幸の原因に見えるような現象でも、こちらの受け取り方によっては、かえってそれを将来の幸福への足がかりとすることが出来る、そのままの状態で生きてて良かったと味わえる姿を考えていきたいものです。

今日のローカル新聞に、ご門徒の一人の活躍が出ていてうれしくなりました。
山陰両県初独自の手法で物語展開、アート写真展作品出品として、東京都港区のインスタイル・フォトグラフィー・センターで開かれるそうです。
小さいころから知ってる彼女がこんなに成長したんだと感心しました。
将来有望な若手、新人写真家のデビューを促す主催だそうです。
どんなものなのか知らない住職ですが見に行きたい気持ちになりました。


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工