D51

先日、安来市の和鋼博物館を訪れた。
この博物館の敷地内に「D51」が展示してあった。


     P1090649_convert_20130318194844.jpg


     P1090653_convert_20130318194953.jpg


     P1090651_convert_20130318194920.jpg


D51といえば、機関車の中の機関車のような気がしていた。
この機関車もここに展示されて、相当な年月がたっているだろう。
それにしても保存状態は良好のようだ。
それもそのはず、ここでは屋根つきの場所で展示されているからだ。

他の場所で見る機関車は、公園などで野ざらしにされている。
そして、そのうち腐食したりして、ぼろぼろになっている。

D51機関車をウィキペディアで調べてみると

D51形蒸気機関車(D51がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省が設計、製造した、単式2気筒で過熱式のテンダー式蒸気機関車である。

主に貨物輸送のために用いられ、太平洋戦争中に大量生産されたこともあって、その所属両数は総数1,115両に達しており、ディーゼル機関車や電気機関車などを含めた日本の機関車1形式の両数では最大を記録した。
この記録は現在も更新されていない。
「デゴイチ」の愛称は、日本の蒸気機関車の代名詞にもなった。


とある。

懐かしい機関車の姿にしばらく見とれていた、たぬきじゃった。



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工