失敗と成功

不定期に配信されてくるメルマガ。
その中にこんな記事が書かれていた。

先日、おニャン子クラブやAKB48などのプロデュースで有名な秋元康氏のビジネス観について書かれた以下の朝日新聞の記事に心打たれました。

『誰もやらないことをやりたいと、いつも考えてきました。
人が行かない道にこそ、綺麗(きれい)な花が咲いていると思っていたからです。
そのせいで無茶をして、親や周りの人間に心配をかけたこともあります。
多くの失敗もしました。そして学びました。
失敗の経験こそが人生の地図になることを……。』

正直、秋元氏は天性の感覚とセンスでヒット作ばかりを出していると思っていたのですが、秋元氏も多くの失敗から学び、そこから成功に繋げていた事実に衝撃を受けました。


皆さん、なるほどと思うことだろう。
数々の失敗があるから、その先に成功があるのだ。
しかし、注意しなければならないのは、成功したと思ったことが、砂上の楼閣ということもある。
しっかりと地に足の付いた仕事をしたいものだ。

さあ、失敗を恐れず、前向きに行こうじゃないか!


     P1090910_convert_20130412201454.jpg


     P1090911_convert_20130412201520.jpg




住職ノート
4月前半の法語です。


     P1090929_convert_20130412201820.jpg



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工