水辺の草花(その1)

「水辺の草花」と題してNさんから久しぶりにメールと写真が届いた。

今日は、その素晴らしい写真を紹介しよう。



    P1040171_convert_20130421191451.jpg


Nさんからのメールには、

昨日 岡山森林公園900mの湿原にしみじみと 静かに可憐に咲く 坐禅草!
これは 超・貴重な山野草です・・・・。
まさに 仏様か阿弥陀様が 坐禅しておられるような花です。
  高さは 10Cm程度。
雪溶け水の清きながれに 沿う 河辺に 咲きます。
  心が洗われる 感じですよ。
近くには 水芭蕉も 有!


このようなコメントが寄せられていた。
確かに、珍しい山野草のようだ。

そこで、ウィキペディアで調べてみると

ザゼンソウ(座禅草、学名:Symplocarpus foetidus (L.) Salisb. ex W.P.C. Barton)は、サトイモ科ザゼンソウ属の多年草。
仏像の光背に似た形の花弁の重なりが僧侶が座禅を組む姿に見えることが、名称の由来とされる。
また、花を達磨大師の座禅する姿に見立てて、ダルマソウ(達磨草)とも呼ぶ。

冷帯、および温帯山岳地の湿地に生育し、開花時期は1月下旬から3月中旬。開花する際に肉穂花序(にくすいかじょ)で発熱が起こり約25℃まで上昇する。
そのため周囲の氷雪を溶かし、いち早く顔を出すことで、この時期には数の少ない昆虫を独占し、受粉の確率を上げている。
開花後に大型の葉を成長させる。

ザゼンソウの発熱細胞には豊富にミトコンドリアが含まれていることが明らかになっている。
しかしながら、発熱の詳細な分子メカニズムは、現在のところ分かっていない。
動物における発熱には、「脱共役タンパク質」(だつきょうやくたんぱくしつ)が関わっていることが突き止められているが、このタンパク質は、発熱しない植物にも幅広く存在しており、ザゼンソウの発熱に関与しているかは不明である。

発熱時の悪臭と熱によって花粉を媒介する昆虫(訪花昆虫)であるハエ類をおびき寄せると考えられている。
全草に悪臭があることから英語では Skunk Cabbage(スカンクキャベツ)の呼び名がある。


ということのようだ。

いつも、貴重な写真を送って下さるNさんに感謝、感謝じゃ!
 




    
関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工