関西へ(その8)

案内してもらっている時に、古い洋館の2階建ての建物が目に入る。


     P1100146.jpg


「お客さん、メンソレータムを知っていますか」と質問をされた。
メンソレータムは、傷薬で子供の時にもよくつけてもらっていた。
確か、近江兄弟社の医薬品だった。

この建物は、ヴォーリズの建築したもので、今は「彦根市民活動センター」として活用されているとのことだった。

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrell Vories、1880年10月28日 - 1964年5月7日)は、アメリカ合衆国に生まれ、日本で数多くの西洋建築を手懸けた建築家。

建築家でありながら、ヴォーリズ合名会社(のちの近江兄弟社)の創立者の一人としてメンソレータム(現メンターム)を広く日本に普及させた実業家でもある。
          By ウィキペディア


また、この付近からの天守閣の眺めは最高。
この西洋建築を見るに、お堀の近くの閑静な住宅という感じがした。


     P1100154.jpg




住職ノート
5月後半の法語です。


     P1100427.jpg



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工