薩摩(その5)

たぬきは、鹿児島へは何回も訪れているのだが、行程の都合から指宿方面には行くことができない。

せめて、池田湖から開聞岳が見たい。
そんな思いに駆られた。
池田湖は、九州最大のカルデラ湖といわれている。
水深も相当深い。

随分前には、池田湖で正体不明の物体の目撃があり、恐竜の末裔ではないかと騒がれたことがあった。
そして、名づけられたのが「イッシー」だった。


     P1100576.jpg


生憎、開聞岳には雲がかかっており、薩摩富士の麗姿を見ることができなかった。

池田湖(いけだこ)は、鹿児島県の薩摩半島南東部にある直径約3.5km、周囲約15km、ほぼ円形のカルデラ湖。
九州最大の湖である。
湖面の標高は66m、深さは233mで、最深部は海抜-167mとなる。
湖底には直径約800m、湖底からの高さ約150mの湖底火山がある。
池田湖を含む窪地地形は池田カルデラと呼ばれている。
池田湖は古くは開聞の御池または神の御池と呼ばれており龍神伝説がある。

約5500年前、阿多カルデラに関連した火山活動があり、合計約5km³の軽石や火山灰を噴出した。
噴出物の抜けた後に地面が落ち込むことによって池田カルデラが形成され、カルデラの底に雨水が溜まることによって池田湖が形成された。
ほぼ同時期に山川湾、成川盆地、鰻池、池底、松ヶ窪などの地形も形成されており、これらの噴火口群とともに池田山川としてランクCの活火山に指定されている。

開聞岳の噴出と池田湖の陥没が連動して起きたという俗説があるが、地質学的観点では両者の活動時期に1000年以上の時間差があり、池田カルデラの大きさに見合う火山噴出物(池田湖テフラ)が周辺の地層に残されていることなどから、直接的な因果関係はないとされている。

1961年頃より池田湖には巨大水棲生物が存在していると噂され、ネス湖の未確認生物ネッシーになぞらえて「イッシー」と呼ばれていた。
1978年9月3日には指宿市池崎地区の住民約20名によりイッシーが目撃され、全国で報道されたため有名となる。
湖に生息する市天然記念物のオオウナギは体長が2mに達する個体もあり、これが正体ではないかとも言われている。
このほか出現時期から、池田湖に放流された大型魚ハクレンの魚群の誤認ではないかという説もあるが、現在もイッシーの正体はわかっていない。
          By ウィキペディア


なんとも神秘的な湖で、たぬきの興味は一段と注がれる。
また、ゆっくりと行ってみたいところでもある。



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工