親睦の旅(その3)

午後6時30分、フェリーは、西郷港に入港。
待ち受けていた、旅館のマイクロバスに分乗して、今日の宿泊先の「羽衣荘」へ向かう。

たぬきは、以前、ここ島後にも住んでいたことがあり、夕暮れ時の景色に懐かしさを感じた。

港から車で20分、羽衣荘に到着した。


     P1100722.jpg     P1100747.jpg


     P1100725.jpg     P1100745.jpg


以前は、旅館という雰囲気だった羽衣荘だが、今はリニューアルして綺麗になっていた。

羽衣荘のホームページには、

日本白砂青松百選、屋那の松原と舟小屋に囲まれた風光明媚な宿、
日本海を一望できる総檜作りの大浴場と新鮮な隠岐の魚介類の料理、
叙情溢れたおもてなしでゆっくりおくつろぎ下さい。


とあった。

近くには、「都万の船小屋」と呼ばれる、古い伝統のある船小屋群が今も残っている。


     P1100729.jpg     P1100731.jpg


     P1100733.jpg


島根県のホームページには、

都万漁港は、隠岐島、島後の南西端に位置し、「白砂青松百選」に選定された「屋那の松原」に隣接している。
船小屋は、昔ながらの杉皮葺きの平屋建てで、約20棟が海岸線に一直線に並んでいる。
現在の船小屋は、民俗資料的価値の高いものを後世に残そうとした関係者の努力によって昭和62年に再現したものである。
船小屋の背後に漁家の家屋が立地しているため、船小屋は現在も利用されており、漁師の重要な施設になっている。

また、船小屋のある一帯は、あいらんどパークが隣接し、産直問屋「しおさい」をはじめ、レジャーも楽しむことのできる施設として整備されている。


と紹介されている。




関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工