たぬきの夏休み(その1)

たぬきは、先週の土曜日から隠岐の知夫里島へ行っていた。
去年から夏に隠岐へ行っている。
今回は、隠岐諸島の島前にある島根県で一番小さな村でもある知夫里島(知夫村)へ行った。
本来、隠岐諸島へ行くには、フェリーか高速船を利用する。
ところが、知夫の友人が船で迎えに来てやるということで、そのお言葉に甘えることにした。

島根県松江市美保関町の七類港まで迎えに来てもらった。
船は、20人乗りの渡船で、海上タクシーでもある。

知夫里島までは、フェリーで2時間余りかかるのだが、1時間30分で目的地の知夫漁港に到着した。

     P1110325.jpg     P1110330.jpg

海上は凪で、快適な船旅だった。

民宿に荷物を置いてから、港の沖合約1500mの浅島へ小型船で送ってもらった。

     P1110344.jpg

     P1110338.jpg

防波堤の沖合に見えるのが、浅島。

この島の周辺は、魚介類も豊富で、サザエやアワビなども採れる。
ここに半日もいれば、十分に楽しむことができる。
ただ、魚介類を採るには、地元の人の許可を得て連れて行ってもらう必要がある。

たぬきは、家族の夕食のおかず程度の貝を採らせてもらったのだが、久しぶりに海中を散策したような気分だった。
透明度の高い海で、ゆっくりと楽しんだたぬきじゃった。



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工