猛暑日

いったいどうなっているのだろうか?
というのが、今の日本の天気。

たぬきの住んでいる島根県でもそうだったのだが、ピンポイントで降ってくる豪雨も経験した。
今までに経験したことのない・・・云々といわれるのだが?

どこかおかしい。
どこかおかしい。

そう思っている人はたくさんいると思う。

そして、豪雨の後は猛暑。
今日は、山梨県と高知県で40.7℃という猛暑だったようだ。

その猛暑のことを調べてみると

猛暑(もうしょ)とは平常の気温と比べて著しく暑いときのことである。
酷暑(こくしょ)、炎暑(えんしょ)、炎熱(えんねつ)、酷熱(こくねつ)、極暑(ごくしょ)と類義であり、しばしば報道や日常会話で用いられる。
主に夏の天候について用いられる。
世界気象機関が推奨する定義は「最高気温の平年値を、連続5日間以上、5℃以上上回ること」としているが、各国はそれぞれの気候傾向によって様々な定義で運用している。
日本国内においては2007年以降、1日の最高気温が35℃以上の日のことを「猛暑日」と言う。また、平年よりも気温が高い夏を「暑夏(しょか)」と呼ぶ。
          Byウィキペディア


それにしても、この暑さと気象状況の変化は何なのだろうか。
地球温暖化によるものには違いないのだろうが、あまりにも酷すぎるような気がする。

暑さが厳しいからエアコンもつけっぱなし、扇風機も回しっぱなし。

なんとなく、悪循環のようだが、家の中にいても熱中症になる気象状況。
どうすれば、この灼熱地獄から解放されるのだろうかと考えているたぬきじゃ。

     P1110261.jpg     P1110267.jpg

たぬきと同じように毛皮を着ているもの同士。
厳しい夏を感じていることには違いがないのう。


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

こんにちは

毎日、お暑いですね(;^_^A 汗を拭き拭き、盆参りしています。洗濯済みの白衣が数分で汗でグッショリです(笑)
僕が小学生だった30年くらい前は気温が30度を超すことがあまりなく、エアコンがなくてもなんとか暑さを凌げていたような記憶があります。

Re: こんにちは

いつもコメントありがとうございます。
本当に暑い日が続きますね。

そういえば、昔は今のような暑さはありませんでした。
夕方には、庭先に打ち水ををして縁台で涼んでいました。
そして、線香花火などをすれば、十分涼を感じることができていましたね。

まだまだ、暑い日が続くと思いますが、お身体ご自愛のほど。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工