友との別れ・・・

先日、小学校の同窓会があった。
その同窓会の始まる直前、友の訃報に接した。
彼の死と同窓会とは関係はなかったのだが、一緒に仕事をしたことのある浜田市でのこと、何か因縁のようなものを感じた。

彼とは、就職して初めて出会った職場の同期。
あれは、3年位前のことだった。
彼は、足に癌ができたため、それを切除するための手術をするという。
手術は無事に終わり、数か月して退院して来た。
杖を突きながらではあったが、職場復帰を果たしたと喜んで報告に来てくれた。
そんな彼だったが、しばらくしてから癌が転移していることが判明。
余命3ヶ月との宣告を受けた。
その宣告を受けてから1年7ヶ月を経た8月14日の未明、子供たちに看取られながら安らかに息を引き取った。

今日は、彼の葬儀に参列した。
彼が元気だった当時のことを思い出すにつけ、熱いものが込み上げてくる。

生老病死という人生の無常を改めて感じる。

その無常を感じながら、いずれはお浄土でまた会うこともできると思いながら・・・
  「先に行って待っていてくれ」
と手を合わせた、たぬきじゃった。


     P1040161.jpg


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工