微笑みの国

今日、ある業界紙を読んでいたらタイのことが掲載されていた。
たぬきは、ブログにも書いたように昨年11月にタイへ行った。
そんなこともあって、タイの記事に興味をそそられるのも無理からぬことかもしれない。

タイは、急速に発展し、物価も上昇。
雇用も安定しており、失業率は1%程度。
そんなことから、新たな日本の進出企業は、現地で従業員を確保するのが大変なようだ。
そのような状況の中で、島根県内の企業が業績を上げているという記事が掲載されていた。

企業としては、雇用賃金が安い方がいいわけだが、それも上昇しているようだ。
そうすると賃金の安いミャンマーなどの隣国へ移転する企業もあるという。
海外からタイに進出した企業(自動車産業など)は、タイの南東部へ工場等を持っている。
ところが、島根の企業はタイの中北部の田舎に工場を建てている。
そういうところは、従業員の確保も比較的容易にできるという。

それは、ともかくとして、昨年、1年間にタイを訪問した日本人は、なんと13万人だったようだ。
多くの日本の人たちが、タイを訪れている。
治安も比較的良好で、雨期を外せば冬でも暖かい。
また、あいさつをするときは、「ワイ」と呼ばれる合掌をする。
日本では、このようなあいさつはしないのだが、現地の人にあいさつされると、なんとも気持ちよく感じる。
あいさつからして、「微笑みの国」なんだなと感じる。

もう一度、訪れてみたい国の一つだ。

     P1080821_20130905202957b05.jpg


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

こんにちは♪

タイ、一度は訪れたいものです♪お寺に奉職していると、なかなか旅行の時間が取れないところが辛いですが…(;^_^A
タイの【ワイ】というご挨拶はインドでいう【ナマステ】みたいな感じでしょうか?

Re: タイのあいさつ

タイでは、「ワイ」と呼ばれる両手を合わせてあいさつをします。
ホテルに到着した時には、ホテルマンが出迎えてくれますが、その時にも両手を合わせて「ワイ」をしてくれます。
男性に対しては、「サワッディー・カップ」。女性には「サワッディー・カ」と言います。
仏教国であるがゆえのあいさつと思います。
ちなみに、バンコクのマクドナルドの入口には、手を合わせてあいさつをしているピエロ「ロナルド君」が立っています。
その写真は、ブログにも掲載しておりますので見てください。

タイを訪れた時のブログは、「国外→タイ・上海」で検索してみてください。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工