出雲大社前駅

昨日、出雲市大社町へ行った。
久しぶりに神門(しんもん)通りを歩いてみる。
昔と比べ、道路も随分広くなり、通り沿いの町並みも新しくなっている。

一畑電鉄の「出雲大社前駅」は、昔と比べると明るさを増したように思える。

     P1130493.jpg     P1130499.jpg

     P1130504.jpg     P1130506.jpg

随分前に、松江しんじ湖温泉駅から電車でここまで来たこともあるのだが、その時とは装いも新たになっているように感じた。
ところが、調べてみると・・・

出雲大社前駅(いずもたいしゃまええき)は、島根県出雲市大社町杵築南にある一畑電車大社線の駅である。
同線の終着駅である。
出雲大社の最寄り駅である。

1930年2月2日 - 大社神門駅として開業する。
1970年10月1日 - 出雲大社前駅に改称する。
1996年 - 国の登録有形文化財に登録される。
2006年4月1日 - 一畑電気鉄道の持株会社移行に伴い、傘下に新設した一畑電車株式会社が鉄道事業を承継し、同社の駅となる。
2009年2月6日 - 近代化産業遺産に認定される。

頭端式ホーム1面2線を有する地上駅。
有人駅である。

西洋建築の駅舎は開業当初からのもので、ステンドグラス風の窓がはめこまれている。
1996年(平成8年)に国の登録有形文化財建造物として登録されている。
また、2009年(平成21年)には経済産業省より「近代化産業遺産群 続33(大衆観光旅行)」の一つとして近代化産業遺産に認定されている。
かつては駅舎の中央上部に塔があったが撤去された。
          Byウィキペディア


とある。

以前来た時とは随分変わったように見えたのだが、ほぼ開業当時のままのようだ。
これも隠れた遺産として大事に保存しなければならない施設のようだ。
そんな思いをしながら、散策を続けた、たぬきじゃった。


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工