済州島(その21)

朝食の後は、済州島でも有名な「紫水晶(アメジスト)」の店へ・・・

     P1140817.jpg

残念ながらお店の入口しか撮影できなかった。
朝一番に行くと割引が多いとのことで、このお店に行った。
皆さん、女性はやっぱりアクセサリーに目がないようで、しっかりお店を潤したようだった。

そして、トケビ道路へと向かう。
この道路は、「お化け道路」とか「幽霊道路」とか言われるところ。
下り坂が、上り坂に見える場所だ。
多くの車が、チェンジをニュートラルにして、上り坂を下る体験をしている。

     P1140823.jpg     P1140826.jpg

この写真のように、道路には多くの車の行列ができる。

     P1140842.jpg     P1140846.jpg

     P1140851.jpg     P1140854.jpg

写真では、上り坂なのか下り坂なのか、よく分からないが、上り坂を車が下っている。

     P1140856.jpg     P1140858.jpg

この写真は、水を入れたぺットボトルを転がしている様子。
確かに、ペットボトルも上り坂を下っている。

     P1140833.jpg

この石像は、「トケビ」というお化けで、このお化けが後ろから車を押しているのだという。
なんともユーモラスなお化けだ。

次のホームページには、

          トケビ道路

こんなことが、記載されている。

おばけに化かされたように下り道が上り道に見える不思議な道路

トケビ道路とは、済州島にある道路のこと。
トケビというのは「オバケ」という意味。
だからといってトケビ道路は心霊スポットというわけではない。
このトケビ道路は不思議な道路で、別名神秘道路なんて呼ばれたりもする。
何が不思議かと言えば、登りに見えるのに下っていくと言う不思議な道路。
とにかく、坂に置いたペットボトルが坂を登っていくと言う不思議な道路なのだ。
急な上り坂(下り坂)の途中に傾斜が緩くなった所で見られる目の錯覚なのだが、実際に道路全体の規模で味わうと中々の不思議感。
道路の脇には売店なんかもあって、国内外から観光客が来て賑わっている。
やっぱり坂なので行った頃の何日か前にも事故があったよう。
下っているのに下りに見えないですから、ブレーキが甘くなるそう。

ガイドさんの話によると、この道路を発見したのは酔っ払いのおじさん。
ペロペロに酔っ払ったおじじがこの坂道でおしっこをしたら坂道をおしっこが登っていったというわけらしい。


ということのようだ。

実は、日本にもこんな道路があるようだ。

福岡県遠賀郡岡垣町に所在する、ゆうれい坂
佐賀県鹿島市にある、幽霊坂
長崎県長崎市にある、ゆうれい坂
宮崎県川南町にある、幽霊坂
鹿児島県中種子町にある、ゆうれい坂
沖縄県久米島にある、お化け坂
香川県高松市の屋島ドライブウェイにある、通称「(屋島の)お化け坂」「(屋島の)ミステリー坂」
岩手県東和町にある、通称「ミステリー坂」
青森県階上町にある、後戻り坂


日本の近いところから訪ねてみたいと思うたぬきじゃ。


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工