三瓶小豆原埋没林

この前の土曜日のことを前回のブログに書いた。
三瓶山の付近は、路肩に雪が残っていた・・・

そこからたぬきは、「三瓶小豆原埋没林公園」へと向かった。
後で、詳しいことはウィキペディアを参照してみるとして、少しだけ説明をしておこう。
今から約4000年前に三瓶山(さんべさん)が噴火した。
三瓶山は、島根県のほぼ中央に位置し、標高は1126mの活火山で大山火山帯に属している。
この山の噴火により、大量の火砕流等が山頂から吹き出し、それが谷間の巨大な杉などを立ったまま埋めてしまったようだ。
それが、今から30年くらい前に田んぼの圃場整備で一部が発見されたのだ。

それでは、たぬきの撮影した写真を載せておこう。

     P1160288.jpg     P1160284.jpg

     P1160286.jpg     P1160294.jpg

     P1160302.jpg     P1160312.jpg

     P1160315.jpg     P1160322.jpg

     P1160351.jpg

三瓶小豆原埋没林(さんべあずきはらまいぼつりん)は三瓶火山の活動によって地下に埋積された森林。
島根県大田市三瓶町にあり、現地は「三瓶小豆原埋没林公園」として、地下展示棟で公開されている。
また、国の天然記念物に指定されている。

直径1mを超えるスギを中心とする巨木が、生育時のままで地下に林立している。
高さ10mを超える幹が直立状態で残存しており、世界的にも例がない規模の埋没林である。
また、直立する幹の根元には、流木群が存在する。

この埋没林では、根を張って直立する埋没樹が約30本、流木はおびただしい数が確認されている。
その樹種構成は、スギが圧倒的多数を占め、トチノキ、ケヤキ、カシの仲間、ニレの仲間などの広葉樹が少数認められる。
三瓶小豆原埋没林の標高は約200mであるが、現在の中国山地ではこの標高にスギの自然林はみられず、植生学的に注目される。

埋没林の発見は、1983年のほ場整備で2本の直立した埋没樹が出現したことがきっかけとなった。
後に、その時の写真をみた地元の火山学者・松井整司が学術的価値を指摘した。
1998年に島根県が発掘調査を行ない、多数の埋没立木が存在する埋没林であることが確認され、2004年(平成16年)2月27日に国の天然記念物に指定された。

三瓶小豆原埋没林は、暦年代で約4000年前(放射性炭素年代で3500〜3700年前の測定値)の三瓶火山の活動によって形成された。
火山活動に伴って発生した岩屑なだれの末端が泥流となって流れ込み、巨木林を一気に埋積し、さらに、下流側のせき止めでダム化した谷に火砕物の二次堆積物が堆積することで、長大な幹が成育時のままの状態で埋積されたものである。
          Byウィキペディア  


このような埋没林があるというのは、大きな驚きだった。
島根県内には、古代から連綿と続く遺産が、あちこちに残されているようだ。


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工