たぬきの書状

久しく住職とも話をしていなかったと思い、今夜お寺に電話をしてみた。
そうすると坊守さんが電話に出られ、「住職は台湾旅行中で、明日帰られる」とのこと。
そうか、以前その話は聞いていたのだが、すっかり忘れてしまっていた。
住職たちは、松江組の僧侶の方たちと台湾の仏蹟を巡るということだった。
たぬきも機会があれば、是非行ってみたいと思っているのだが・・・

さて、今日のブログは昨年たぬきが書いた手紙を紹介しようと思う。
一昨年、門徒推進員の中央教修で一緒になった大先輩から書状が届き、その返信を書いた。
色々と思いがあっての書状を掲載して、今日のブログとしたい。

拝復
厳しい暑さの秋(?)が続くのかと危惧しておりましたが、今週は寒気が入り込んで寒くなるようです。
自然が自然でないような、ここ数年の異常気象に何時まで耐えられるのやらと思うところです。
先日は、懐かしいお便りをいただきありがとうございました。
中央教修のころを懐かしく思い出しております。あれから間もなく1年を迎えますが、同期の皆さんにも失礼ばかりしております。
先般、兵庫のOさんと久しぶりに再会しました。懐かしく、当時のことを思い出しながら、わずかな時間でしたが語り合うことができました。
これも同期のご縁のお蔭だとつくづく感じました。
10月26日、27日の2日間、松江市内で「第4連区門徒推進員研修会」が開催され、多くの方と出会うご縁に会わせていただきました。岡山県の一部を除く中国・四国の皆さんが、それぞれの地において活動をされていることに頭が下がる思いをいたしました。
何とか、自分にできることをと思っていますが、なかなか難しいものです。少なくとも本願寺で誓ったことを少しずつ実践しようと思っております。
一方、現在、中央仏教学院の通信教育を受講しておりますが、1年次を終了し、現在2年次の勉強をさせていただいております。内容が難しくなるにつれて、もっと努力をしなければならないと感じております。3年間で無事に卒業出来るやらとも思っています。
本年5月の連休に大阪の愚息のところへ行き、数日間滞在しました。
その時、滋賀県の彦根まで行きました。少し足を伸ばせばM市まで行けるのだと思いましたが、連休中でもありご連絡するのを躊躇ってしまいました。
また、機会があればお会いしたいと思っております。
これから、天候不順の日が続くようです。お身体ご自愛の程を         敬具


     P1170549.jpg

人生の大先輩が書いて下さった書状への返信なのだが、拙い文章で意も尽くせないものだった。
そんな反省もしているたぬきじゃ。


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工