彼岸と此岸(しがん)

昨日は、春分の日ということで記事を書いた。
その記事の最後に「彼岸と此岸(しがん)」ということを書いたのだが、何も説明をしないまま終わっていた。
そんなことをしてしまっては読者の皆さんに申し訳ないと思いながら、たぬきの未熟な文章でも書こうかと思った。
そう思いながら「本願寺」のホームページを見ていたら「お彼岸におもう」と題して記事が掲載してあった。
たぬきの解説よりも随分権威があると思い、下にそのホームページを掲載したので、是非クリックしてみていただきたい。

          お彼岸におもう

どうじゃろうか?
仏教ではそういう尊い教えがある。
毎年迎える春と秋の彼岸。
この次の彼岸から皆さんが、少しでも感じることがあれば幸いじゃ。

     P1180080_20140322211756f85.jpg     P1180089.jpg

上の写真は、今日の宍道湖の様子。

     P1180098.jpg

そして、斐川平野の写真だが、遠くに雪をかぶった「三瓶山」が見えた。
そういえば、昨日は山間部では雪が降ったという・・・     


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工