済州島で・・・

旅行の写真を改めて見ていると、色々な思い出がよみがえる。
昨年10月済州島へ行った時のこと。
旅行の最終日に「誠寂寺」という岩山の中腹に建てられたお寺へ行った。

        DSCF3567.jpg

        P1150203.jpg

        DSCF3575.jpg

そこには、八正道と書かれた碑があった。

        DSCF3568.jpg

この八正道とは、鹿野苑での釈尊が仏陀として最初に説教した根本教説「四諦八正道」をいい、仏教の網格といわれるもの。(初転法輪)

八正道(はっしょうどう、巴 ariyo aṭṭhaṅgiko maggo, 梵 āryāṣṭāṅgamārga)は、釈迦が最初の説法において説いたとされる、涅槃に至る修行の基本となる、正見、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念および正定の、8種の徳。
          Byウィキペディア


漢字の表記は多少違う部分もあるが、意味は同じ。
仏教が、インドから中国、中国から日本へ伝来したように、韓国にも中国から仏教が伝わったことがよく分かる。
仏教を勉強中のたぬきは、感慨もひとしおだった。



住職ノート
〇常例法座
 桜花爛漫の候となりました。
 美しい花もやがては散っていきます。
 そして、輝く緑葉の一枚一枚が大木を養い、来年また見事な花のための準備をするのです。
 木の下に佇み、人の人生にも似た「いのち」に思いを寄せずにはおれません。
 4月の常例法座ご出席をお待ち致しております。

 4月16日(水)午前10時~
  テーマは、「凡夫」

 小さくてもいいのだよ
 あんたの花を力いっぱい
 咲かせておくれ



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工