出雲阿国(いずものおくに)再び(ふたたび)

今日、職場の回覧文書を見ていたら「BP(ビジネスパートナー)San-in」という冊子が目についた。
巻末の「モニュメントのある情景」というコーナーで、道の駅大社のご縁広場(島根県出雲市)にある「出雲阿国像」の紹介記事が掲載されていた。

「出雲阿国」については、たぬきのブログ(2013.10.06)で紹介したので、詳しくは以前のブログを見て欲しい。
今日は、先の記事の紹介をしたいと思う。
とりあえず、次の写真を見てもらおう。

        P1060904.jpg

        P1130566[1]

上の写真は、京都鴨川の四条大橋のたもとにある出雲阿国像。
下の写真は、島根県出雲市大社町道の駅「ご縁広場」にある出雲阿国像。

この像は、全く同じポーズである。
それもそのはず、作者は京都の彫刻家で京都教育大学の名誉教授だった故山崎正義さんの作品。
出雲大社の「平成の大遷宮」を記念する事業の一環として設置された。
出雲阿国は、この地の出身で京都の鴨河原において、初めて「かぶきおどり」を披露した、現代の歌舞伎の先駆者でもある。

京都へ行くたびに、鴨川の畔に立つ阿国像を懐かしく思うたぬきじゃ。


関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工