起きて半畳、寝て一畳

「起きて半畳、寝て一畳」とは、
どんな立派な邸宅でも、人ひとりが生活するには、起きているときで畳半畳、寝るときで一畳分のスペースがあればこと足りるということから、必要以上に財産を得ることを望んでいたずらにあくせくするよりも、分に応じて満足することが大切であるという教え。
そして、この後に「天下とっても二合半」と続くことがある。

たとえ天下人となっても、一度に食べられる量は二合半までという喩えだ。

足るを知ることができないのが人かもしれない。
そこには、欲というものが付きまとうからだ。
多くのことを望まず、日々を過ごしたいものだと思うたぬきじゃ。

        DSCF0251.jpg

        DSCF0253.jpg



関連記事

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード作成
写真・画像のWEB加工